ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<6>

alt

シティホテルやリゾートホテルなど、街中はもちろん旅先でも何気なく目にしているホテル。ラウンジでお茶をしたり宿泊をしたりと利用することはあっても、どこの会社がその運営に関わっているかはあまり考えることもないだろう。

そこで、ちょっと意外な会社が経営しているホテル、意外なオーナー変遷を経ているホテルを紹介する。ビジネストークでのちょっとしたトリビアとして話のタネに活用してみては?

<6>モアナサーフライダー ウェスティン リゾート&スパ

モアナサーフライダー ウェスティン リゾート&スパは、ハワイ・ワイキキで100年以上の歴史をもつ最古のホテル。1901年にワイキキビーチ一帯の地主だったウォルター・ピーコックが自身の別荘地に「モアナ・ホテル」として開業し、各客室には浴室と電話、ホテルにはハワイ初の電動エレベーターや製氷機があるなど、当時としては画期的な設備が整ったホテルとして一躍有名になった。

1905年には、ホノルルの実業家アレキサンダー・ヤングにホテルを売却。1910年にヤングが亡くなった後も、彼の会社テリトリアル・ホテル・カンパニーによる運営は続いた。1920年代に入ると、海運会社のマトソン・ナビゲーション・カンパニーの豪華客船の影響でハワイは人気の観光地に。そして、世界恐慌でテリトリアル・ホテル・カンパニーが破産すると、1932年にホテルはマトソン・ナビゲーション・カンパニーの手に渡った。第二次世界大戦時には、ホテルは軍人や防衛部隊の人たちで溢れることがしばしばあったものの、軍に接収されることなくホテルとしての営業を続けたという。

その後、1959 年にはシェラトン傘下に。1963年には日本人実業家の小佐野賢治率いる国際興業の子会社、京やカンパニー(現・京屋ホテル&リゾート LP)に買収された。ちなみに、京やカンパニーは、「ピンク・パレス」の愛称を持つロイヤルハワイアンホテルも同時に獲得している。日本企業がハワイのホテルやゴルフ場を買い漁っていたころだ。ホテルのオーナーは京やカンパニーとなったが、運営は引き続きシェラトンに任されていた。1989年には5千万ドルをかけた大規模な改装を経て、古きよき時代の面影を残した「シェラトン・モアナ・サーフライダー」として生まれ変わった。その後、ホテルは国の歴史的建造物にも指定され、世界的な賞の数々を受賞した。

1998年にシェラトンがスターウッド・ホテル&リゾートに買収されると、運営もスターウッド・ホテル&リゾートの手に。一方のオーナーはというと、京やカンパニーの親会社である国際興業が経営危機に陥り、2004年にはハゲタカファンドの異名を持つ米投資ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメントの傘下に収められた。経営再建のために、国際興業が保有していた帝国ホテル株や八重洲富士屋ホテル、浜松町の遊休地などの優良資産が次々に売却される中、ハワイのホテルは売られることなく国際興業グループのまま残った。

2007年には、運営元のスターウッド・ホテル&リゾートがホテルをウェスティンブランドにリブランドし、「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート」に改名。そして翌年にスパ施設が整うと、現在の名称となった。2014年に投資金額の回収を終えたサーベラスが、保有する全ての国際興業株を国際興業ホールディングス株式会社に売却し、その経営が創業家である小佐野一族のもとに戻ると(といっても、サーベラス傘下になる際にほとんどの小佐野一族は追い出されることになったが)、モアナサーフライダーの実質的オーナーも国際興業へと戻る形に。

現在、シェラトン・ワイキキ、ロイヤル ハワイアン、シェラトン・プリンセス・カイウラニ、そしてモアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパと、ワイキキに4つのホテルを所有している。経営再建によって事業規模を縮小せざるを得なかった国際興業にとって、これらハワイのホテルの存在は大きな活路といってもいい。

この数年、ワイキキの再開発にも度々乗り出し、富裕層に向けて高層ホテルを建てようとしている。しかし、ワイキキでは景観や環境への配慮から新たな建築物には高さ制限があるため、地元民からは反対の声が強い。もし再開発が決定したとしてもハワイアンタイムという独特の時間感覚も手伝ってその歩みは遅そうだが、ワイキキの景観はガラリと変わることだろう。ワイキキが今後どんな姿になっていくのか、国際興業グループの動きとあわせて注目したい。

文:M&A Online編集部

「モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ」公式サイト(日本語)

【関連リンク】えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった
 <1> 金谷ホテル
 <2> ホテル日航/ホテルJALシティ
 <3> ホテル業界、お台場戦線に異状あり
 <4> ハレクラニ
 <5> ザ・カハラ・ホテル&リゾート

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<5>

えっ、意外! あのホテルを経営しているのはあの会社だった<5>

2017/05/13

街中や旅先で何気なく目にしているホテル。実は意外な会社が経営、運営しているなんてことも。今回は各国の要人や著名人らが訪れたハワイの「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」を取り上げます。今や名古屋に本社を構える日本企業がオーナーになっているんです。