menu
Social media

ビジネス

うどんと美白の意外な共通点

Cover 042f7f36 439d 40ad 8f30 c6d55284dfd1
※画像はイメージです

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの? と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?  

トリドールホールディングス〈3397〉、SONOKOを買収

(買収金額 30億円 出資比率 100%、買収時期 2016年5月) 

 セルフ式うどん店『丸亀製麺』などの外食店を全国展開するトリドールホールディングスは、ライフスタイルブランド SONOKO を展開する株式会社ソノコを、株式会社マーキュリアインベストメントが運営するファンドより買収し100%子会社とした。

 美白化粧品などの通信販売の印象の強いSONOKOは、90年代の日本における美白ブームを牽引した料理・美容研究家、故・鈴木その子氏が設立したブランド。TV出演時、白塗りした顔に集中的に証明を照らすという演出方法で「美白の女王」として一世を風靡した彼女を憶えている方も多いだろう。

もともと美白は無添加食材にこだわる美容健康料理から生まれた

 美白技術と外食産業、一見関係のなさそうな取り合わせだが、SONOKOの事業展開を追っていくと、この”意外”とも思える買収劇が”納得”に変わる。

関連リンク 丸亀製麺のSONOKO買収は詳細を知ると”意外”から”納得”に変わります(記事はこちらから

 実は、SONOKOの事業のルーツは1974年に初めて出店した銀座のレストラン。無添加食材にこだわり美容健康料理の店として認知を受けるとともに、1日3食・ストレスフリーのダイエットを提唱。そうしたコンセプトで1985年には通販事業に進出。アクティブシニアや富裕層を対象に、安心・安全な食を提供するブランドとして認知されてきた。  

 その買収については、2016 年 5月11日の トリドールのプレスリリースにも「日常食の提供を主事業としてきた当社としては、高齢化の進む成熟市場である日本で今後も増加するアクティブシニアと富裕層という新たな顧客層を得ると共に通販という新たな販売チャネルが加わり、事業領域が拡大します。また、SONOKOブランドにとっても、当社が持つ食材調達力や店舗開発力、国内外での出店ノウ ハウを活かすことで、今まで以上に幅広い事業展開が可能になるなど、相乗効果が期待されます」と記されている。

意外な子会社

NEXT STORY

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

2017年フードビジネス~M&A動向まとめ

・元気寿司の海外ノウハウがほしいスシロー ・虎視眈々と米外食ベンチャーを狙うトリドール ・業態の多角化が国内で勝ち組になる条件に


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c