menu
Social media

ビジネス

【意外な子会社M&A5選 】アース製薬<4985>がツムラのバスクリンを買収(2012年)

Cover aa6c1d86 e21a 480b 8c7e ed970ba0f016
※画像はイメージです

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの? と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

アース製薬〈4985〉、ツムラのバスクリンを買収

(買収金額 約180億円 出資比率 約80%、買収時期 2012年2月)

家庭用殺虫剤の『ごきぶりホイホイ』、オーラルケアの『モンダミン』といえば、誰もが知っているアース製薬の主力商品。そのアース製薬の創業は1892年に遡り、今年、創業125年となる。その老舗中の老舗企業が買収したのがバスクリン社である。

バスクリン社が製造販売する『バスクリン』は、もともとアース製薬と同時期の1893年に創業したツムラ(津村順天堂)の主力商品。その後、2008年にMBO(経営陣が参加する買収)によりツムラライフサイエンスが独立し、『バスクリン』はツムラライフサイエンスの主力商品となった。そして2010年に、ツムラライフサイエンスはバスクリンに社名変更した。アース製薬によるバスクリンの買収は、当時、老舗企業による老舗企業のM&Aと注目を集めた。

この買収により、業界内の“勢力図”が大きく変わる。入浴剤の市場シェアは当時3割ほどが『バブ』を主力商品とする花王で、『バスクリン』は2位に甘んじていた。3位は『バスロマン』を主力商品とするアース製薬。ところが、この買収によりアース製薬が花王を抜いて首位の座につき、入浴剤の市場シェアの4割を占めるようになる。

この背景には、熾烈を極めた家庭用化学品メーカーの生き残り戦略があった。家庭用化学品メーカーは、アース製薬をはじめツムラなど老舗企業が多く、市場は成熟した環境にある。では、どこに活路を見いだすか。アース製薬は、バスクリンを買収した同年、日本毛織の子会社だったニッケペットケアを買収。さらに2年後の2014年には白元アースを設立し、経営破綻した同業大手の白元の事業を承継(100%子会社)し、2016年にはペット用品のジョンソントレーディングを子会社化した。

アース製薬の生き残り戦略は、成熟市場のなかでの事業領域の拡大だ。成熟しながらも厳しい検査基準が求められる市場において、迅速なM&Aによって包囲していくという戦略。市場では、まさに、生き残りを賭けた一網打尽、生殺与奪の戦いが繰り広げられている。

文:M&A Online編集部

意外なM&A

関連のM&Aニュース

注目の記事

Thumb 70ddc187 8458 4a94 b3b0 2867aca7b291

仮想通貨ビットコインの流通で証券会社はどうなるのか?

2017年7月1日より仮想通貨の譲渡にかかる消費税が非課税とされる改正税法が適用となる。そこで今回は、仮想通貨であるビットコインの流通が増えることによって金融機関にどのような影響が出るのかを考察してみたい。

Thumb f423da8c cbaa 4e36 84f3 1375e7a23d7e
Thumb a8c49ae2 f19c 44c6 8420 76fb5025a34d
Thumb 04c0b605 79d3 4736 9daa 0b57b56eaf3a