ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

意外な子会社 水間鉄道|「グルメ杵屋」創業者の“恩返し”

alt
大阪の郊外を走る水間鉄道(KIRISHIMA/フォトライブラリー)

大阪南部、貝塚市の貝塚駅―水間観音駅間を走る水間鉄道。単線で約5.5キロの営業キロに10駅を構える、まるで南海電鉄の盲腸線のような路線だ。しかし、地域住民や地元の学校に通う高校生などの大事な足である。また、終着駅である水間観音(水間寺)は厄よけ観音として知られ、正月の参拝客だけでなく普段の行楽客もこの電車を利用する。

私鉄路線として沿線開発と多角化を推進

M&Aを軸に水間鉄道の沿革を振り返ってみたい。水間鉄道は1926年に貝塚南駅-水間駅間の旅客営業を開始し、1934年には南海貝塚駅-貝塚南駅間開通が開通して現在の路線となった。1938年に水間の地で料理旅館「一龍」を開業したが、戦時下の1943年に練成場として大阪府に強制買収されている。

1950年には乗合バスの営業を開始、1951年には貸切バス事業の認可を受けた(2003年、貸切バス事業は事業譲渡により廃止)。1953年には粉河町(和歌山県)までの鉄路の延伸を計画し、そのための別会社として紀泉鉄道を設立している(1959年には延伸計画を断念し、紀泉鉄道を吸収合併)。

タクシー会社の営業権を譲り受けてタクシー営業を始めたのは1954年のこと(1958年には水鉄タクシーとして別会社に分離)。1967年には住宅地開発事業に進出し、1968年には水鉄地所を設立(1982年には水鉄建設に商号変更)した。以後、水間鉄道は路線周辺の住宅地開発業務の拡充を図っていく。

また、1976年には日産チェリー阪南販売を設立(2000年に水間保興に商号変更)、1978年には特定自動車事業(バス運行契約)の営業を開始した。1979年には水鉄住宅販売を設立(1993年に清算)、1982年には水鉄観光を設立。1991年には新規事業として、靴下専門店のトリコロールを開店した(1993年に閉店)。そして、2003年にはコミュニティーバスの運行を開始した。

NEXT STORY

真価を問われる「事業再生ADR」利用申請が増加

真価を問われる「事業再生ADR」利用申請が増加

2018/11/04

今年7月の産業競争力強化法の改正で、事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)から会社更生や民事再生など法的手続きに移行した場合の商取引債権の保護に関する規定が明記され、利便性が増した。