最近、テレビの旅番組で「バス旅」が人気のようだ。漁師町や里山、さらにその奥へと向かうバスの旅。それぞれの土地の人との素朴な出会いが郷愁を誘い、誰にも会わない寂寥感もまた妙に味がある。

実はこの路線バスは地方銀行と同様に、この春に議論を本格化させた未来投資会議(議長・安倍晋三首相)のメインテーマの1つである。会議では、特定の事業の経営統合を認めやすくする論議が進んでいる。

そこで、これまでM&Aが進められてきた“先輩格”の路線バスの例をいくつか挙げてみた。まさに、全国津々浦々「ぶらりM&A路線バスの旅」。ここに挙げたバス会社以外にも、きっと、「え、あのバスがこの会社の子会社だったの?」とびっくりする例があるだろう。路線バスのM&Aは、まさにいま急速に進んでいる!

山口の「防長バス」は近鉄グループ

山口・萩市内を走るコミュニティバス(サトチ/写真ac)

防長バス(防長交通)は、山口県を中心に走る路線バス。萩・津和野、秋芳洞、青海などの風光明媚な主要観光地を結んでいる。1935年に防府自動車として事業をスタートしたが、実は1968年と早い段階で、当時の近畿日本鉄道(現近鉄グループホールディングス)<9041>の傘下に入った。

非上場なので正確な持株比率はわからないが、現在は防長交通の約6割の株式を、バス事業を統括する近鉄グループの持株会社の近鉄バスホールディングスが所有している。また、防長バスは、萩では町のコミュニティーバスの運行を委託されるなど、地元の足としても貢献している。