総合メディカルは、みよの台薬局グループの6社を取得し子会社化すると発表した。取得するのは、御代の台薬局(東京都北区。取得100%)、本木薬局(東京都足立区。同69.7%)、要町薬局(東京都豊島区。取得100%)、ツカサ調剤薬局(埼玉県川口市。取得70.0%)、光裕(神奈川県藤沢市。取得70.0%)、三平(高崎市。取得90.0%)。

みよの台薬局グループは東京都を中心に関東圏、三重、大阪で調剤薬局を91店舗展開しており、在宅訪問服薬指導など在宅医療に取り組んでいる。総合メディカルはこうした在宅医療の技術やノウハウを活用し、地域包括ケアシステムの構築を進める考え。

取得総額は6社合わせて81億2000万円。取得予定日は12月26日。