M&A速報

総合メディカル<4775>、調剤薬局経営のとりせんファーマシーを取得

2009/08/31

総合メディカルは調剤薬局経営のとりせんファーマシー(群馬県太田市。売上高7億8100万円、営業利益4000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

とりせんファーマシーは群馬県・栃木県内で調剤薬局8店舗、ドラッグストア2店舗などを展開する。総合メディカルは同社を傘下に取り込むことで、グループ内の店舗を群馬県16店舗、栃木県6店舗に拡大し、効率的でより質の高い調剤薬局業務の提供を図る。

取得予定日は2009年9月11日。取得価額は非公表。

関連の記事

【総合メディカル】調剤薬局、M&Aで急成長 在宅医療も強化

【総合メディカル】調剤薬局、M&Aで急成長 在宅医療も強化

2017/01/24

総合メディカルはコンサルティングを中心に医療機関の経営を総合的にサポートしているほか、全国に670店舗以上の調剤薬局を展開している。M&Aによって調剤薬局の店舗数を急激に成長させており、業界大手のなかでも高い成長率を誇る。

【まとめ】2016年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2016年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

2017/01/13

2016年10月-12月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5