ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

コロワイドが再生型M&Aから業界再編型に舵を切る理由

alt

業績が伸び悩む外食企業を買収し、立て直しを図ることで成長を続けてきたコロワイド<7616>が、業界再編型M&Aを成長戦略として打ち出しました。中堅・大手外食企業などとの統合を進め、商品開発から材料の調達、物流までを一つのプラットフォームに載せて、店舗運営の効率化を図る狙いがあります。

しかし、それは表向きの話。同じくM&Aを成長エンジンにしてきたゼンショー<7550>などと比べると、コロワイドは経営効率の悪さが際立ちます。今回のM&A戦略の軌道修正は、同社ののっぴきならない事情が隠されているようです。

コロワイド「ビヤガーデン」
流行のタピオカもラインナップ(画像はレインズのビアガーデン)

外食売上高4強の中でROAが最低水準のコロワイド

コロワイドは居酒屋「甘太郎」などを運営している企業です。2019年3月期の売上高が前期比0.6%減の2443億6000万円。営業利益は3.8%減の40億8200万円でした。売上規模は日本マクドナルドホールディングス<2702>に次いで第4位です。

グループに、かっぱ寿司のカッパ・クリエイト<7421>や、牛角のレインズインターナショナル、ステーキ宮のアトム<7412>などを抱えています。2016年12月にフレッシュネスバーガーを買収し、ファーストフードにも進出しました。

コロワイドは、企業買収を主軸として成長してきました。そのほとんどが「再生型」と呼ばれるものです。業績がおぼつかなくなった企業を取り込み、再生させるのです。

そのため、どうしてもROA(総資産利益率)が悪化してしまいます。コロワイドのROAは1.2%と、外食売上高上位4社の中では最低です。

薄利多売で多店舗展開のゼンショーは4.8%

ROAは、利益を総資産で割って計算します。外食企業の場合、多くが店舗の固定資産です。その資産を上手く活用して、どれくらい利益を出しているかがわかります。売上の大きい外食企業4社を比べてみましょう。今回は経常利益(IFRSの場合は税引き前利益)を使って比較します。

企業名 ROA 売上高 経常利益 総資産
ゼンショー 4.8% 6076億7900万円 182億1100万円 3777億7900万円
すかいらーく 5.6% 3663億6000万円 185億9600万円 3306億7100万円
日本マクドナルド 12.9% 2722億5700万円 271億円 2100億3700万円
コロワイド 1.2% 2443億6000万円 27億1600万円 2223億100万円

※直近の決算資料をもとに筆者作成

コロワイドが突出して悪いのがわかります。マクドナルドが高いのは、フランチャイズ加盟店が多いために固定資産が少なく、総資産を圧縮できているからです。

薄利で多店舗展開する「すき家」を運営するゼンショーが、5%と高い水準を保っているのは意外です。同社は、ファミリーレストランのジョリー・パスタ<9899>を子会社しています。ジョリー・パスタのROAは16%と超優良です。

ゼンショーは経営効率の良い外食企業を買収し、上手く舵取りをして成長してきたのです。

コロワイドの子会社、カッパ・クリエイトのROAは2.6%です。同社は2017年3月期に、5億円超の営業赤字を出していました。コロワイドが買収したのは2014年。長い時間をかけてようやく稼げる体質になってきたとはいえ、経営効率は依然として良いとはいえません。

NEXT STORY

フレッシュネス買収は成功?失敗?コロワイドの業績で読み解く

フレッシュネス買収は成功?失敗?コロワイドの業績で読み解く

2018/10/12

2016年12月にフレッシュネスバーガーを買収したコロワイド。M&Aを駆使して、居酒屋、焼肉、寿司など多方面に手を広げてポートフォリオの拡充に力を入れています。ファーストフード業態への進出が、コロワイドにとっての成功要因となるのでしょうか?

関連のM&A速報