ワタミ<7522>株の値動きに翻弄されている個人投資家が、数多くいるようです。それもそのはず。2018年3月期第3四半期の決算は経常利益が前年同期比3.5倍の10.2億円に急拡大したものの、株価は発表前の1509円から翌日の1241円まで急落。「ぎゃあああ」「下げる意味が分からない」といった嘆きから、「中長期ホルダーだから、短期の下げは気にしない」などという涙ぐましい強がりまで、様々なコメントが掲示板やSNSを中心に飛び交いました。その後、さすがに売られすぎが意識されたのか、4月9日の時点で株価は1459円まで回復しています。2015年に介護事業をSOMPOホールディングスに売却し、飲食事業に注力するワタミ。「和民」業態を「ミライザカ」、「鳥メロ」といった人気業態に転換する同社に、投資家の期待が集中。PER(株価収益率)は569倍にまで膨らんでいます。この展開はしばらく続きそうですね、という話です。

この記事では以下の情報が得られます。

①ワタミの強み

②ミライザカ、鳥メロ業態が成功した理由

③居酒屋業界の潮流

ミライザカ公式ホームページ
ミライザカ公式ホームページ


2016年市場投入の「ミライザカ」「鳥メロ」の店舗数はすでに180超え

ワタミの業績が好調です。半ばブラック企業の烙印を押されて散々な目に遭っていたころから振り返ると、こんな感じです。

売上高純利益(△は赤字)
2014年3月期1631億5500万円△49億1200万円
2015年3月期1553億1000万円△128億5700万円
2016年3月期1282億4600万円78億1000万円
2017年3月期1003億1200万円△18億3300万円
2018年3月期(予想)960億円1億円

2016年3月期に過去最高益を出していますが、これは介護事業をSOMPOホールディングスに売却したため。2016年3月期も経常利益ベースでは11億3200万円の連続赤字です。株式の売却益151億2600万円が赤字補填しました。

ようやくの黒転! 勢いに乗った2018年3月期の業績発表に投資家が熱い視線を送っています。

直近の第3四半期決算はどうでしょうか。こんな感じでした。

売上高純利益
第3四半期730億3100万円3億1700万円

いい感じです。売上高の進捗率は76%、利益はすでに予想を3倍以上も上回っています。ところが、です。株価は1509円から1241円へと、18%も下落してしまうのです。業績好調にも関わらず、通期業績予想の修正をしなかったことが背景にありそうですね。すなわち、投資家が過度に期待していることの裏返しです。

確かに、「ブラック企業問題」に揺れる前のワタミは、売上高・利益ともに非常に優れたものでした。2010年3月期の売上高は1154億2000万円、純利益は32億5700万円です。株価は1600円前後で推移していました。

「もう一度、見たいんだ。あのころの夢を」

というわけでしょう。介護事業をかなぐり捨て、本業にいそしむワタミに期待する気持ちもわかります。本気を出したワタミが2016年に市場投入した「ミライザカ」「鳥メロ」が、ヒットを飛ばしたからです。