ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「すかいらーく」の業績に異変? 人件費高騰で3期連続の減益!

alt

すかいらーくホールディングス<3197>の業績に異変が起こっています。2018年12月期の売上高は前期比2%増の3663億6000万円でしたが、営業利益は同18.7%減の228億5700万円でした。2019年12月期の営業利益も3.7%減の220億円と減益予想。実はこれで3期連続の減益となります。背景には、人件費がじわじわと上昇して、利益を圧迫していることがあります。都市部を中心にアルバイトの単価は上がり、定着しづらい状況が続いています。外食企業は、人件費の高騰を抑える抜本的な取り組みが必要になりそうです。

人件費単価上昇により19億円のコスト増!

ジョナサン
流行のチーズをいち早くメニューに取り入れるジョナサン

まずは業績を見てみましょう。注目したいのは、赤字になっている減益の箇所。1~2%で増収が続いていますが、減益が止まりません。

決算 2015年12月 2016年12月 2017年12月 2018年12月 2019年12月
売上高 3511億4600万円 3545億1300万円 3594億4500万円 3663億6000万円 3700億円
前年同期比 3.28%増 0.96%増 1.39%増 1.92%増 0.99%増
営業利益 278億600万円 312億4900万円 281億300万円 228億5700万円 220億円
前年同期比 28.48%増 12.38%増 10.07%減 18.67%減 3.75%減

決算報告書より筆者作成

すかいらーくは、極めて厳格な原価コントロールが効いています。2018年のような天候不順があっても、30%の水準で大きな変化はなく推移しました。驚異的な原価マネジメントです。

▼原価率

2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期 2017年12月期 2018年12月期
30.06% 30.32% 30.03% 30.13% 30.41%

有価証券報告書より筆者作成

しかし、人件費はこのようにきれいにはいきませんでした。

▼人件費率

2014年12月期 2015年12月期 2016年12月期 2017年12月期 2018年12月期
32.19% 32.48% 33.08% 33.26% 34.30%

有価証券報告書より筆者作成

5期連続で上昇を続けており、直近では34%を超えました。すかいらーくは人件費単価の上昇コストとして19億円を計上しています。新規出店による人件費増加ではなく、単価そのものが増加傾向にあるのです。今期も、同じく人件費単価の上昇分として19億円を見込んでいます。人件費単価の上昇は止まりません。

NEXT STORY

ブロンコビリーの業績徹底検証!高利益神話は限界に達したか?

ブロンコビリーの業績徹底検証!高利益神話は限界に達したか?

2019/02/15

ブロンコビリーの株価下落に拍車がかかっています。前期の売上高は前期比13%増の224億3200万円。経常利益は同6%増の26億6900万円としっかり。今期も売上高が9%、経常利益5%増を予測しています。好業績下の株価下落の原因は?