ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【キヤノン】東芝メディカルシステムズ買収の先に見据えるものは?

alt
※画像はイメージです

 例えば、フェーズⅠ(96-00年)の期間は一切のM&Aをおこなっていないが、このフェーズは「全体最適」と「利益優先」を掲げて体質の強化を図っていた時期である。この時期にグループ全体の最適化を図ったことが、これ以降に積極的にM&Aを行えた要因であると思われる。

 フェーズⅡ(01-05年)では、「全主力事業世界No.1」を掲げ、製品のデジタル化を図っていた時期である。この時期のM&Aは、電子部品の製造用真空装置を製造するアネルバ(現キヤノンアネルバ)や自動化機器の試作製造をするNECマシナリー(現キヤノンマシナリー)など既存事業の強化を目的としたものである。

 フェーズⅢ(06-10年)では、現行事業の強化に加えて、新規事業拡大などの新たな成長への戦略を進めていた時期である。その戦略はM&Aにも顕著に表れており、リーマンショックの最中においても積極的にシステム開発会社を買収している。特に、この時期はリーマンショックの影響で業績に陰りが見えていたが、オランダで文書・産業用印刷システムなどを開発するオセ社(売上高3442億円、純資産707億円)について、株式43%を380億円の金額で買収している(現在は完全子会社)のは英断だったと言えよう。オセ社を買収した10年12月期は、同社の買収効果もあって前年比で5000億円の増収を果たした。

 次にフェーズⅣでは、引き続き多角化を推進し、特に「メディカル」と「産業機器」を注力分野とした。その注力分野である「メディカル」分野では、医療関連用品・機器の製造を行うエルクコーポレーションを買収した。その一方で、後発分野であった「監視カメラ」市場において、世界トップシェアを誇るスウェーデンのアクシス(売上高770億円、純資産155億円)の株式75.5%を2540億円で買収している。当時、「監視カメラ」市場においてはまったく存在感のなかったキヤノンは、この買収を通じて一気に世界トップに躍り出た。「監視カメラ」市場は、現在のトレンドであるビッグデータ解析などへの応用も期待され、これからも堅調に推移すると見込まれる。キヤノンがもともと持つデジタルカメラ技術との相乗効果も期待され、多額の投資と引き換えに成長性のある新規事業を手に入れた格好となった。

 さらにフェーズⅤでは、先述した東芝メディカルシステムズの買収を通じて、医療機器分野における存在感を高めることとなった。

 ここで、下記のセグメント別売上高の推移を見てみると、リーマンショック以後は売り上げが横ばいにとどまっていることが見て取れる(セグメントを多少変更している時期もあるが、おおむね下記のとおりとなる)。

■セグメント別売上高推移

 主要事業である、OA機器(オフィス事業)、光学機器(イメージングシステム事業)の売り上げは頭打ちになっている。いずれの事業も市場に大きな成長は見込めず、新規事業の創出が急務であることが分かる。また、M&Aにより獲得した売上高の単純積算値をグラフにすると、既存事業はむしろ縮小傾向にあると言える。

NEXT STORY

【現場の声】有機ELトップシェアを誇るキヤノントッキ、買収と譲渡の経験とM&Aのポイントとは?

【現場の声】有機ELトップシェアを誇るキヤノントッキ、買収と譲渡の経験とM&Aのポイントとは?

2016/04/13

「会社はオーナーだけのものではない。」M&Aを戦略として買収と譲渡を経験し、世界有数の企業に成長させた、キヤノントッキ創業者津上健一氏が語るM&Aに重要なこととは?