【オーケー】関東ローカルスーパーが関西連合に「待った」をかけた切実な理由

alt

オーケーの沿革

出 来 事
1958年 6月 (株)岡永商店の小売部門として創業。
1967年 9月 (株)岡永商店より分離、オーケー(株)を設立。資本金7000万円。
1971年 10月 (株)東京スーパーマーケットを吸収合併。 資本金1億7400万円。
1972年 9月 資本金を2億5000万円に増資。
1975年 5月 世界初の無人スーパーを通産省と共同で開発し、実験営業。
1982年 1月 資本金を3億円に増資。
1986年 4月 経営の抜本的な改革に着手。 基本方針『高品質・お買徳』に『Everyday Low Price』を加える。
1987年 10月 フランスのカルフールと共同して日本市場のマーケットリサーチを実施。
1989年 4月 消費税施行。食料品については、本体価格×3/103(3%相当額)の割引を実施。消費者の実質的な負担をゼロにする。
4月 買い物袋の有料化を実施。
1996年 3月 『年率30%成長に挑戦』を経営目標に掲げ公表。
1997年 2月 資本金を8億円に増資。
4月 消費税率が5%に。 食料品の本体価格×3/103(3%相当額)の割引を継続。
1999年 9月 『総経費率15%』、『経常利益率5%』、『借入無しで年率30%成長達成』に目標を改め、長期計画を作成。
2001年 11月 『高品質・Everday Low Price』徹底のため、特売チラシ廃止・商品情報発行。
2002年 4月 売上予算は、全店・全部門一律前年110%の設定を開始。
9月 予約方式自動発注システム実験開始。
2003年 3月 経常総経費率15.86%『目標15%』、前年16.47%、前々年16.77%。
8月 資本金を9億4500万円に増資。(第三者割当による時価発行増資)
10月 予約方式自動発注システム本格稼働開始(日配食品部門関東地区全店)。
2004年 1月 長期計画見直し。 2010年3月期『借入無しで年率20%以上の成長を継続して実現する』。 売上高は2000億円以上とし、経常総経費率は15%台、経常利益率は4%台を維持。 第1段階達成の上で、『借入無しで年率30%成長を達成する』に挑戦。
4月 消費税の総額表示実施、本体価格と税込価格(銭まで表示)併記の独自方式で対応し、顧客の信頼が高まる。
10月 生鮮部門の抜本的な強化策が次第に定着、売上の伸びが顕著になる。
12月 グローサリー自動発注全店稼働。
2005年 8月 2005年8月20日現在の株主に対し1株を2株に分割。
2006年 9月 2006年9月21日現在の株主に対し1株を2株に分割。
11月 オーケークラブ発足。食料品については、本体価格×3/103(3%相当額)の割引は 会員のみの特典とし、会員数約80万人。
2007年 3月 自動棚割開始。一般食品・菓子・飲料が対象。
7月 30日付で2007種類株227,400株を、2,500円/1株で発行、株主数は2,274名増加。 資本金は12億2925万円に。
8月 青果発注システム稼働。
2008年 2月 新リース会計基準の施行に伴い、2008年2月開店の本厚木店以降、開店の際にリースで取得していた設備什器約3億円について、従来のリース調達を取りやめ、現金払いとする。
3月 オーケークラブの会員数が約120万人に。
9月 22日付で2008種類株515,600株を、3,074.80円/1株で発行、株主数は 2,601名増加、 資本金は 20億2193万円に。
2009年 9月 30日付で2009種類株479,800株を、3,530.20円/1株で発行、株主数は 2,287名増加、 資本金は 28億6882万円に。
2011年 3月 オーケークラブの会員数が約238万人に。
2012年 9月 電力の効率を最大に高める仕組みのBAMDSバンダス4D/COAシステムの導入が完了、外気温等の変化に対し、冷ケース内を適温に保つよう消費電力を自動的に管理、温度データは時間ごとに記録している。
2013年 6月 オーケーの海外戦略の拠点という位置づけで、当社100%出資で《OK Smart Market Pte.Ltd.》をシンガポールに設立、資本金 S$ 1,250,001。 同社100%出資子会社、《OK Information Technology Pte.Ltd.》も設立、資本金 S$ 375,001。 同様に、《OK Smart Trading Pte.Ltd.》も設立、資本金 S$ 375,001。
2014年 2月 店長の出張コストや時間のロス削減を目的として、テレビ会議システムを導入。 本社・店舗間の迅速な意思決定、社員教育の効率化等を図る。
3月 オーケークラブの会員数が約318万人に。
2015年 10月 神奈川県寒川町に3万坪の土地を取得、大型物流センターおよび生鮮PCの建設計画を公表。 新給与システムの導入を開始。
12月 中断していた『借入無しで年率30%成長の達成』に仕組みを創り直して、再び挑戦することを公表。
2016年 3月 5年計画を公表。物流センター2ヵ所建設、新店80~100店、年商6,000億円を目標に掲げる。 オーケークラブの会員数が約381万人に。
9月 横浜 みなとみらいに 本社を移転。
2017年 2月 オーケーみなとみらいビルに、初のフードコートとなる「オーケー食堂『旬』」「焼肉『和』みなとみらい店」を開店。
3月 オーケークラブの会員数が約419万人に。
4月 少子高齢化の進行を踏まえ、経営目標の成長率を20%成長に改める。
6月 『お友達宅配』を実験的に開始。
2019年 9月 寒川(神奈川)・ 流山(千葉)、11月 川口(埼玉)の3物流C.が稼働開始。
2020年 3月 オーケークラブの会員数が約544万人に。
2021年 9月 関西スーパーマーケットへのTOBを発表。

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

オーケーが関西スーパーを買収の意向、H2Oとの統合撤回なら

オーケーが関西スーパーを買収の意向、H2Oとの統合撤回なら

2021/09/03

首都圏を地盤とするディスカウントスーパーのオーケー(神奈川県横浜市)は3日、関西スーパーマーケットが決めたエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)傘下企業との経営統合について、同案を諮る臨時株主総会で反対票を投じると表明した。