電気自動車(EV)の「対抗馬」、水素自動車が普及しない理由

alt

電気自動車(EV)の「対抗馬」と目される水素自動車。しかし、その歩みは遅々として進まない。なぜ水素自動車は普及しないのか?その理由が、ある「出来事」で明らかになった。京都府亀岡市の市長公用車として購入した水素燃料電池車(FCV)が、とんだ「足どめ」を食ったのだ。

水素ステーション「過疎地」が問題に

同市を含む丹波地域には水素ステーションがなく、最寄りとなる京都市のステーションは18kmほど離れている。往復で約1時間20分もかかるという。

水素ステーション不足が水素自動車の普及を妨げる
水素ステーション不足が水素自動車の普及を妨げる(写真はイメージ)

購入当初は水素ステーションがある京都や大阪方面への出張時に水素を充填していた。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で市長の出張が激減。2021年9月から2022年10月にかけて50回ほど充填したが、そのうち35回は充填のためだけに走行したという。

これに「燃料充填が難しい」との理由からFCV導入に反対していた市議会は、「人件費と職員の時間の無駄づかい」と反発している。まさにこれこそが水素自動車の抱える致命的な欠陥なのだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

なぜトヨタは「環境車全方位戦略」から「EV重視」へ転換したか

なぜトヨタは「環境車全方位戦略」から「EV重視」へ転換したか

2022-10-28

トヨタが環境車の「全方位戦略」を見直し、EVシフトに方針転換すると報じられている。2030年に30車種のEVを発売する予定だったが、想定外に普及が早く既存EV「bZ4X」の増産に着手する。EVシフトに慎重だったトヨタがなぜ方向転換したのか?

関連のM&A速報