食品の「値上げ」ペースが加速 2023年は1.53倍に

alt
写真はイメージです

2023年も食品の値上げが続く見通しだ。帝国データバンク(東京都新宿区)の調べによると、2万822品目(平均値上げ率14%)という記録的な値上げラッシュとなった2022年に引き続き、2023年も1-4月の間に7152品目の値上げが計画されているという。

2022年の1-4月が4672品目だったため、件数は1.53倍となる。さらに7000品目に達した時期が2022年は4月中旬だったのに対し、2023年は2022年12月時点で到達しており、値上げのペースが加速していることが分かる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5