明暗分かれる婚礼企業、苦戦する椿山荘と早期黒字化を果たしたT&G

alt
藤田観光のホテル椿山荘東京

10月から繁忙期を迎える婚礼企業の明暗がはっきりしてきました。

業界大手のテイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は、2022年3月期の通期営業黒字化を実現。2023年3月期は12億円としていた営業利益予想を66.7%増の20億円に引き上げました。

不調なのが名門結婚式場「椿山荘」を運営する藤田観光<9722>。2022年12月期上半期の婚礼事業は4億300万円のセグメント損失。前年同期間は14億8,600万円の損失で、赤字幅は縮まっているものの黒字化ができません。

コロナ禍による参列者の減少により、婚礼単価は減少傾向にあります。回復には時間がかかるとみられ、運営する結婚式場の数が少ない会社は苦戦が長期化する可能性があります。

この記事では以下の情報が得られます。

・婚礼企業の業績
・婚礼単価の変化

エスクリは家賃の高い場所への出店が災いか

ゲストハウス型の結婚式場を運営するツカダ・グローバルホールディング<2418>は、2022年12月期上半期婚礼事業のセグメント利益が20億7,000万円となりました。前年同期間は17億9,300万円のセグメント損失を計上しており、急回復しています。

同じくゲストハウス型ウエディングを全国展開するエスクリ<2196>は2023年3月期第1四半期においても黒字化ができていません。

■婚礼企業の営業利益の比較(単位:百万円)

2021年 2022年
テイクアンドギヴ・ニーズ
4-6月
104 1,590
ツカダ・グローバルホールディング(婚礼事業)
1-6月
-1,793 2,070
藤田観光(婚礼事業)
1-6月
-1,486 -403
エスクリ
4-6月
-590 -138
※決算短信より筆者作成

新型コロナウイルス感染拡大により、結婚式の延期措置をとる会場が多くありました。昨年の秋ごろから延期をしていた結婚式の施行がいっきに行われるようになります。テイクアンドギヴ・ニーズやツカダ・グローバルホールディングのように、ゲストハウス型結婚式場を全国に展開している会社は、数をこなすことができるために黒字化を果たしました。

藤田観光は主力の結婚式場が椿山荘と、2021年3月に創価学会に土地と建物を売却した太閤園の2つに限られます。福岡県や広島県などでゲストハウスを運営していますが、数は多くありません。バンケットをフル稼働させても、施行できる組数が限られるために黒字化ができないのでしょう。

多数のゲストハウスを出店するエスクリも、黒字化ができていません。エスクリの稼ぎ頭である結婚式場は、ターミナル駅近くにあるビルイン型。エスクリは、遠方から集まるゲストへの配慮をセールスポイントとし、他社との差別化を図りました。しかし、郊外型や駅から離れた場所を中心として出店するテイクアンドギヴ・ニーズなどの結婚式場と比べ、家賃が高額になるという特徴があります。

2022年4-6月のテイクアンドギヴ・ニーズの販管費率は59.9%、エスクリは61.3%でした。エスクリは家賃負担が重く、中長期的に黒字化しづらくなる可能性があります。

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

婚礼需要回復の兆し、テイクアンドギヴ・ニーズが営業黒字化

婚礼需要回復の兆し、テイクアンドギヴ・ニーズが営業黒字化

2022-02-25

婚礼需要に回復の兆しが見えてきました。最大手テイクアンドギヴ・ニーズ2022年3月期第3四半期は17億6,800万円の営業利益となりました。ブラスも2021年7月期の営業利益が3億2,700万円と本業で黒字化を果たしています。