menu
Social media

ビジネス

LINEが仮想通貨事業に参入 参入企業増えればM&Aも

Cover d6252626 0f97 400f a8bb 1303dfd520f3

  無料の通話やメールが楽めるアプリを手がけるLINE<3938>が 仮想通貨事業に参入する。コインチェック(東京都渋谷区)による580億円相当の仮想通貨流出問題などで信頼性が揺らいでいるものの、長期的には安定するとの判断から参入を決断したようだ。フリマアプリのメルカリや、通信大手のインターネットイニシアティブなどが参入を表明しているのをはじめ、ネット通販大手のアマゾンの参入なども囁かれており、仮想通貨の発行や仮想通貨交換業者の登録は増えていきそうな情勢。その一方で安全性の向上に携わる人材の不足やシステム構築のコストアップなどの課題が浮上しており、今後は仮想通貨業界におけるM&Aも表面化してきそうだ。

    LINEは仮想通貨事業を担当する「LINEフィナンシャル」を設立し、仮想通貨の交換や取引のほか、ローン、保険といった金融商品を扱えるようにする。すでに金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請を行っており、通貨の名称などの詳細は今後詰めるという。登録が認められればアプリ内で現金と仮想通貨の交換が可能になる。多くの若者が利用するLINE内で仮想通貨がやりとりできるとなると、利用者は一気に増えそうだ。

    仮想通貨はパソコンやスマートフォンなどを用いて物の売買ができる通貨で、決済は銀行を経由しないため手続きは簡単だが、価格変動による損失のリスクがある。現在は値上がりを期待した投機的な所有が目立つものの、実際に利用できる飲食店が徐々に増えつつある。

    M&A 分野ではカイカ<2315>が、M&A資金の一部を仮想通貨で支払うことを表明している。このほか、欧州のアマチュアサッカークラブが契約金の一部を仮想通貨で支払うと表明したほか、スイスの都市であるツークやキアッソでは仮想通貨による納税が可能など、利用事例が広がり始めている。

    一方、フェイスブックが仮想通貨の広告を禁止するなどの動きもある。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


企業動向

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【NEC】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティ事業を強化する「勝算」は?

【NEC】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティ事業を強化する「勝算」は?

NECが今世紀4回目となるリストラを断行する。今回のリストラでは、ものづくり関連事業を大胆にカットする一方で、情報システムやサービスといったソフトウエア関連事業に力を入れる。その要となるのが2018年1月の大型M&Aで強化したセキュリティ事業だ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544