menu
Social media

ビジネス

事業承継アドバイザリー3社の決算書分析-船井総研、山田コンサルティング、タナベ経営

Cover e8a5863d 2724 45a6 b1f0 e3a961753ca7
次世代にバトンタッチ

大量引退時代が追い風に 事業承継のコンサルティング

団塊世代の経営者がリタイアを迎えることも手伝い、事業承継に関するアドバイザリー業務は需要の高い分野の一つである。中小企業向け支援に定評のあるコンサルティングファームにおいても、事業承継に直結する資本・株式・M&Aなどを中心としたサポートは欠かせないサービスラインとなっている。

今回は、コンサルティングファームの中から、事業承継のコンサルティングを主力事業とする株式会社船井総研ホールディングス<9757>、株式会社タナベ経営 <9644>、山田コンサルティンググループ株式会社<4792>の上場企業3社を取り上げ、近年の決算内容と各社の戦略を比較してみたい。

【船井総研】テーマ別研究会で見込客を増やす

船井総研<9757>は、小売業などに対するコンサルティングで強い支持を集めた故船井幸雄氏が1970年に大阪で創業したコンサルティング会社である。同社は現在、経営コンサルティング事業、ロジスティクス事業、IT関連事業、コンタクトセンター事業に属する連結子会社6社を束ねる持株会社形態をとっている。全国各地で年間1,000回以上セミナーを開催しており、年間数十名が本を出版しているという。

2016年12月期は売上高164億円、当期純利益25億円と過去最高の業績となった。主力の経営コンサルティング事業では、業種・テーマ別経営研究会の会員を順調に伸ばし、月次支援型コンサルティングの新規受注および更新につなげたことにより、前期比12.0%増の売上高141億円を達成している。なお、ロジスティクス事業には、クライアントの物流コスト削減などを目的とした物流コンサルティング業務、物流業務の設計、構築、運用を行う物流オペレーション業務が含まれており、売上高は17億円となっている。

・船井総研ホールディングスの決算概要(単位:百万円)

決算2012/12期2013/12期2014/12期2015/12期2016/12期
売上高 9,038 10,065 12,485 14,717 16,433
当期純利益 1,325 1,984 1,766 2,426 2,558
純資産 14,456 15,912 16,653 18,217 19,272

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

東京23区内で唯一残っていた小山酒造が廃業する。創業は1878年(明治11年)。北区岩淵の湧き水を利用して以来、この地で140年の長きにわたり酒造りを続けてきた。銘柄「丸眞正宗(まるしんまさむね)」は、今でも根強い人気を博している。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344