menu
Social media

ビジネス

【企業力分析】強いサイゼリヤ 唯一の弱点

Cover 5bcf637a ce9e 4c73 9d33 80ec45ace478

今回は、格安ファミレスでお馴染みの株式会社サイゼリヤを取り上げました。イートインのお店なのにマルゲリータピザが399円。スーパーで売っているチルドピザとお値段がほとんど変わらないという凄まじさで、デフレ時代の寵児と言えるでしょう。

長期の企業力の推移の考察 ㈱サイゼリヤ

2017年8月までの10年間の連結財務諸表を分析しました。

企業力総合評価
営業効率・資本効率
生産効率・資産効率
流動性・安全性

企業力総合評価は「深いV字回復」と「浅いV字回復」が並ぶ、面白いグラフです。

企業力総合評価のV字回復のグラフの形状とよく似た親指標を選べば、それがV字回復を牽引しています。それは、営業効率(利益 / 売上高)、資本効率(利益 / 資本)です。

2009年のV字は売上高88,323百万円で創業以来最高額になったもののデリバティブ解約損が15,310百万円計上され、6,929百万円の経常損失となり大きな谷を刻みました。デリバティブ損失は一時的に発生した損失の為、元々財務体質が良い㈱サイゼリヤは営業効率・資本効率が1期大きく悪化するにとどまり、安全性(財務体質)への影響はほとんどありません()。

2014年のV字は営業効率、資本効率、生産効率の3指標が小さな谷を形成しており、それらが影響しています。

資産効率は全体的に改善トレンド。この指標は資産を活用して売上高を上げるかという指標ですから、効果的な資産の活用に成功していると推察されます。

流動性は改善トレンド、安全性は通期天井値を示しています。

長期連続悪化の生産効率 ㈱サイゼリヤ

売上高 / 従業員数 または 利益 / 従業員数の統合指標で、連続して悪化トレンドの生産効率を再度検討してみましょう。長期の連続悪化は、その指標を管理指標にしていない可能性を示し、大変問題です。また、深刻な人手不足を人の利用の効率化で克服できていないことを示します。

2008年度比のグラフを見ると2014年以降の比率の高い順番は従業員数→売上高→資産→経常利益の順番で、2016年12月のコラム(SPLENDID21NEWS)で取り上げたカルビー㈱と真逆です。

2008年度比グラフ

分母の従業員増加が一番大きい訳ですから生産効率は下がります。これを業種特性と納得すると、業種の壁は乗り越えられなくなります。

正社員比率を下げた理由 ㈱サイゼリヤ

下は㈱サイゼリヤの従業者数、正社員比率、人件費率の時系列グラフです。

2014年の生産効率の悪化は従業者数急増が原因です。

人件費率(人件費 / 売上高)が上がっています。売上高が上がる以上に従業員が増加し、かつ正社員比率も上昇しているので当然と言えます。

企業力分析

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c