資本業務提携の記事一覧

コロナワクチン開発の塩野義が出資「ロボット学者」の石黒浩氏が立ち上げたAVITAってどんな会社

コロナワクチン開発の塩野義が出資「ロボット学者」の石黒浩氏が立ち上げたAVITAってどんな会社

塩野義製薬は、アバター(仮想空間で自身の分身として表示されるキャラクター)の活用を目指すAVITA(東京都渋谷区)と資本業務提携した。AVITAのCEOはロボット学者の石黒浩氏。AVITAって一体どんな会社なのか。

記事を読む
ロート製薬が「WIRED CAFE」のカフェ・カンパニーをグループ傘下に

ロート製薬が「WIRED CAFE」のカフェ・カンパニーをグループ傘下に

ロート製薬が「WIRED CAFE」を運営するカフェ・カンパニーと資本業務提携をしました。ロート製薬はカフェ・カンパニーの株式を取得し、持分法適用会社としました。カフェ・カンパニー代表の楠本社長は、ロート製薬の食分野のアドバイザリーに就任します。

記事を読む
レストラン「ひらまつ」がパチンコ・マルハングループの影響下に

レストラン「ひらまつ」がパチンコ・マルハングループの影響下に

ひらまつ<2764>がマルハン傘下の太平洋クラブ及びマルハン太平洋クラブインベストメントを引受先に第三者割当増資を実施しました。調達額は74億円。同社はマルハングループが筆頭株主となり、アドバンテッジアドバイザーズとの資本提携を解消します。

記事を読む
配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

配達員の手数料が重くのしかかる「出前館」先行投資で赤字拡大

出前館の2021年8月期第3四半期売上高は前期比171.0%増の184億9,300万円となったものの、129億円もの営業損失を計上し、純損失は147億円となりました。同社は配達員のインセンティブを高めに設定しており、先行投資ともいえる戦略で赤字が膨らんでいます。

記事を読む
RAKU SPAの極楽湯ホールディングスが債務超過の瀬戸際に

RAKU SPAの極楽湯ホールディングスが債務超過の瀬戸際に

極楽湯ホールディングスが2021年3月期に30億円の赤字を計上し、純資産額が2020年3月期の39.6億円から13.3億円まで低下しました。自己資本比率は16.5%から5.5%まで急降下しており、窮地に追い込まれています。

記事を読む
解消されたルノー・日産・ダイムラー3社提携の「中身と確執」

解消されたルノー・日産・ダイムラー3社提携の「中身と確執」

日産自動車が独ダイムラーの持ち株約1.5%の全てを売却する。売却額は約10億ユーロ(約1300億円)の見込み。親会社の仏ルノーも保有するダイムラー株を全て売却しており、日産の売却も時間の問題とみられていた。3社提携とはどんなものだったのか?

記事を読む
敵対的TOB渦中の前田道路が“二の矢”|業界最大手のNIPPOと資本業務提携へ

敵対的TOB渦中の前田道路が“二の矢”|業界最大手のNIPPOと資本業務提携へ

筆頭株主の前田建設工業による敵対的TOBの渦中にある前田道路が二の矢を放った。27日、同業最大手のNIPPOと資本業務提携に向けた協議を始めると発表した。5%程度の株式持ち合いを検討する。

記事を読む
ZOZOの孫会社化 ソフトバンクが打っていた布石とは

ZOZOの孫会社化 ソフトバンクが打っていた布石とは

子会社のヤフーを通じてZOZOの孫会社化を打ち出したソフトバンクが布石ともとれる一手を打っていた。運送の効率化に取り組むCBcloudと資本業務提携し、物流改革に乗り出したのだ。

記事を読む
朝日放送がDLEを子会社化へ、DLE椎木社長は交代の方針

朝日放送がDLEを子会社化へ、DLE椎木社長は交代の方針

朝日放送グループホールディングスは5月10日、アニメ制作やイベント企画等を手掛けるディー・エル・イーと資本業務提携を締結すると発表。DLEは虚偽決算で4月に課徴金の納付命令を受けていた。

記事を読む
「楽天」と「ぐるなび」の資本業務提携、背景と狙いを徹底解説!

「楽天」と「ぐるなび」の資本業務提携、背景と狙いを徹底解説!

楽天とぐるなびが資本業務提携しました。楽天がおよそ40億円を投じて、ぐるなびの株式(467万株)を取得。保有割合を9.6%から9.99%へと引き上げ、第2位の株主となりました。ぐるなびの会員を楽天会員と統合して会員数の増大を図ります。

記事を読む
カタログ通販の千趣会 J.フロントとの資本提携を解消

カタログ通販の千趣会 J.フロントとの資本提携を解消

カタログ通販大手の千趣会は、大丸、松坂屋百貨店などを傘下に持つJ.フロントリテイリングとの資本業務提携を解消した。千趣会は地域経済活性化支援機構(REVIC)より投資支援を受ける。

記事を読む
ケンタッキーフライドチキンが「えん」出資で和食・居酒屋業態参入へ

ケンタッキーフライドチキンが「えん」出資で和食・居酒屋業態参入へ

日本KFCホールディングスが和食居酒屋「えん」を運営するビー・ワイ・オーの株式を25%取得し、業務提携すると発表しました。2017年にピザハットを売却し、競争が激化するピザ業界から撤退した日本KFC。この度和食へと参入する、その意図とは?

記事を読む
居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

「はなの舞」を運営する飲食業界第4位のチムニーが、「酔虎伝」「八剣伝」などを運営するマルシェと資本業務提携を締結しました。消費者や投資家からすれば、取るに足らない小さな資本業務提携です(実際、チムニーの株価はほとんど動きませんでした)が、実は今回の提携は居酒屋業界の熾烈な戦いにおける生き残り策を表しているのでした。

記事を読む
【意外な子会社】ヤフーがブックオフと資本業務提携(2014年)

【意外な子会社】ヤフーがブックオフと資本業務提携(2014年)

ヤフーが、ブックオフコーポレーションと資本提携したのは2014年5月。リユース革命を起こすと意気込んでいたが・・・

記事を読む
【マツモトキヨシ】友好的な業務提携から全株式取得の子会社化へ。戦略の変化に迫る

【マツモトキヨシ】友好的な業務提携から全株式取得の子会社化へ。戦略の変化に迫る

マツモトキヨシのM&Aは、出店競争・価額競争・異業種からの参入と、激化する業界の鎮静化・課題解決を図るため、地場の大手企業と手を組むことからはじまった。ドラッグストア業界でM&Aが加速する流れの中、業界のトップを走り続ける原動力となっている、M&A戦略の変化を見てみる。

記事を読む
第6回地ビールメーカー動向調査

第6回地ビールメーカー動向調査

「地ビール」ブームの勢いが止まらない。2015年1-8月の全国主要地ビールメーカーの累計出荷量は前年同期比14.4%増となった。 苦戦するビール大手5社を尻目に、約7 割の地ビールメーカーが前年の出荷量を上回り、8割以上のメーカーがブームを実感している。地ビールメーカーの動向を見てみる。

記事を読む
2014年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2014年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

2014年第2四半期TOBプレミアム分析レポート

記事を読む