menu
Social media

ビジネス

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

Cover 3126acfb 910f 4301 8101 256283850c2e

※画像はイメージです

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。今回は、驚きもひとしおな異業種同士の取り合わせ。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

(買収価額 約126億円、買収時期 2013年12月)

 2013年12月セブン-イレブン・ジャパン及びイトーヨーカドー、セブン銀行などを傘下に収めるセブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)が、カタログ通販大手のニッセンを買収。

 リアル店舗を運営するセブン&アイがニッセンを買収した目的は、自社グループの商流拡大のため。リアル店舗に片寄っていたセブン&アイの売り上げを、ニッセンのカタログ販売やネット販売、コールセンターのノウハウを利用することで、拡大させようというのがその狙い。またリアル店舗でニッセンの通販の強みを生かす逆の相乗効果も期待されていました。

 本件は、人口減少の中でも事業拡大を続けるセブン&アイが、リアル店舗ではなく、カタログ通販やネット販売といった新たな商流確保により、今後の継続的な事業拡大を狙ったM&Aと言えます。

まとめ:M&A Online編集部

【関連記事を読む】
● その1 アサヒグループHD<2502>がカルピスを買収
● その2 mixi<2121>がチケットキャンプを買収
● その3 NTTドコモ<9437>が野菜宅配のらでぃっしゅぼーやを買収
● その4 ローソン<2651>が高級スーパーの成城石井を買収

【セブン&アイ、ニッセンの記事を読む】
● アーカイブス 【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?
● 企業のお家騒動・騒乱その行方 【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任
●【M&Aインサイト】ニッセンホールディングスの企業力分析

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

【「M&Aは男気が大事なんです。」】過去16件のM&Aを実施してきた小笹氏が語る“M&Aのホントのところ”─ 株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役会長 小笹 芳央

【「M&Aは男気が大事なんです。」】過去16件のM&Aを実施してきた小笹氏が語る“M&Aのホントのところ”─ 株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役会長 小笹 芳央

2016年7月、成長企業の経営者約460名が一同に会する経営者イベントBestVenture100 Conference 2016が開催され、昨今注目されている“M&A”を積極的に活用している経営者が、その実際を語り合った。株式会社リンクアンドモチベーション小笹氏が語る過去16件のM&Aを実施してきたホントのところとは何か。


注目の記事

Thumb 14c917aa 14f0 4cd1 a536 f6e399afd093

ソレキアの敵対的TOB ホワイトナイトに富士通登場 漁夫の利を得た一般株主

ジャスダック上場のシステム開発会社ソレキアは、フリージア・マクロス会長の佐々木ベジ氏に敵対的TOBを仕掛けられた。ホワイトナイトとして富士通が登場し、敵対的買収は阻止されたが、ソレキア株は急上昇し株主は漁夫の利を得た。

Thumb c1f381ec 6df8 4ac8 8d81 03682c7554cc
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c
Thumb a8fdfe5d f95b 4640 a092 4a39dcf7af6e