menu
Social media

ビジネス

【M&Aでグループ会社に! 意外な子会社5選 】セブン&アイHD<3382>がFrancfrancを買収

Cover f5f4b45b 5021 44e9 8947 5ba2060dd305

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

セブン&アイ<3382>がフランフラン(Francfranc)を買収

(買収金額 約50億円 出資比率 約49%、買収時期 2013年12月)

セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、雑貨店のフランフランを運営するバルスを2013年12月に約50億円(出資比率約49%)で子会社化した。セブン&アイはオムニチャネルに注力しており、全国1万7千店舗とネットの融合でいつでも買い物が出来るインフラ作りを目指してきた。

セブン&アイの通販サイトではバルスの雑貨が取り扱われることで、売れ筋商品の獲得が可能となった。しかしオムニチャネル戦略の中心的な役割を果たしていた鈴木康弘氏は、鈴木敏文会長(当時)の次男。強力な後ろ盾のなかオムニチャネルを推し進めていたが、その鈴木敏文会長の電撃辞任により、康弘氏も取締役を退任。後藤副社長が引き継いだ後、新しい旗振り役は情報システム部門出身の山根 章氏が就任。その手腕が問われている。(その2へ続く)

まとめ:M&A Online編集部

【セブン&アイ、ニッセンの記事を読む】
● アーカイブス 【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?
● 企業のお家騒動・騒乱その行方 【セブン&アイHD】内紛でコンビニの父が退任
●【M&Aインサイト】ニッセンホールディングスの企業力分析
「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5 セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


意外なM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

インテルの自動車関連ビジネスとM&Aまとめ

インテルの自動車関連ビジネスとM&Aまとめ

インテルがモービルアイを153億ドル(日本円でおよそ1兆7600億円)で買収しました。今回はインテルの自動車関連ビジネスを中心にシリコンバレーよりお伝えします。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333