ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「日産放出」に備えるルノー新CEOの狙いはトヨタか?VWか?

alt

どこが「日産」に代わるのか?

しかし、2019年の世界販売台数が約375万台にすぎないルノーが単独で生き残るのは難しい。だから日産との関係強化が不透明になったルノーは、2019年5月にFCAとの経営統合に走ったのである。だが、交渉はわずか10日ばかりで打ち切りとなり、FCAは「プジョー」や「シトロエン」などの自動車ブランドを持つ仏グループPSAとの経営統合に走った。

日産に代わるパートナー探しは、今もルノーにとって優先課題であることに変わりはない。日産は相変わらず経営統合に消極的で、仮にルノーにすり寄って来たとしても業績低迷が避けられない今となってはリスクの高い「お荷物」だ。

そこで経営統合や資本提携を働きかけるとすれば、現在のルノー・日産・三菱自動車<7211>の3社連合の規模(約1075万台)を上回るものでなくてはいけない。そうなるとルノーの「狙い」は明らかだ。3社連合と世界一を争うVWか、トヨタしかない。ルノーが次期CEOに、この両社との関係が深いデ・メオ氏を選んだのも、決して偶然ではないだろう。

日産や三菱を切り離してルノー単体で経営統合をしたとしても、年間販売台数が1400万台という巨大自動車グループが誕生するのだ。これはルノー・日産・三菱の3社連合全体とFCAが経営統合したケースに匹敵する。

NEXT STORY

「日産への出資比率引き下げ」に垣間見えるルノーの出口戦略

「日産への出資比率引き下げ」に垣間見えるルノーの出口戦略

2020/01/29

仏ルノーが日産に対する出資比率を引き下げるとの観測が急浮上している。「両社の関係を対等なものにしていくため」と言えば聞こえはいいが、実態は違う。ルノーの業績不振で日産株の一部を売却せざるを得なくなったというのだ。はたしてルノーの狙いは何か。

関連のM&Aニュース