「デロイト トーマツ」中小企業M&Aの効率化を促進するプラットフォームサービスを強化 マッチングで利用社を2倍強に

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、中小企業のM&Aに関する業務を効率化するためのプラットフォームサービスの一つ「M&Aプラス」の利用社を現在の2倍強の1000社に増やす。

時期は定めていないが、金融機関や会計事務所、税理士事務所などの関係先を通じて早い段階での実現を目指す。日本では中小企業のM&Aを手がける企業が増加しているものの、同社では1000社でほぼ市場をカバーできるものと見ている...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY