中華料理レストランを展開する東天紅<8181>が4期ぶりに最終赤字に転落する。同社は2020年1月14日に2020年2月期の業績予想を下方修正、当初の黒字から営業、経常、当期のすべての段階で赤字に陥ることになった。 

当初、業績は計画通りに推移していたものの、9月以降の悪天候の影響で売り上げが落ち込み、赤字転落が避けられなくなったという。 

次期以降の見通しについては明らかにしていないが、同社では2019年5月に公表したコーポレートガバナンスに関する資料で、中期経営計画の策定を検討中としており、今後3年後の業績見通しなどが出てくる可能性は高い。 

また同社はこれまでM&Aに関する適時開示は一度もなく、同社のホームページでもM&Aに関する記載はない。M&Aによって業容を拡大する外食企業は少なくないだけに、中期経営計画には成長戦略としてのM&Aについて触れられる可能性もありそうだ。 

宴会キャンセルや婚礼が減少 

東天紅の2020年2月期の売上高は、当初の71億円(前年度比2.1%増)から4.2%減少し68億円(同2.2%減)にとどまる見込み。営業損益と経常損益は当初の1億円の黒字から5000万円の赤字に、当期損益も5000万円の黒字から7000万円の赤字に転落する。 

2020年2月期第3四半期は、宴会などの需要を取り込むために訪問セールスに加え、インターネットやスマートフォンによる販促を強化したほか、アンチエイジングをテーマにしたフェアの実施などにより、上期(2018年3月-8月)の業績は計画通りに進んだ。 

しかし、9月以降に台風や豪雨の影響で宴会などのキャンセルが相次ぎ、さらに婚礼数の減少などが加わったため売上高が落ち込み、これに伴って利益も大幅に減少。第4四半期に当初計画を大幅に上回ることが難しいため、通期の業績予想を達成することが困難になった。 

東天紅は1961年に東京・上野の不忍池のほとりに東天紅の一号店を開業。その5年後の1966年に地上8階、地下2階、客席総数3000席という大規模な中国料理店に改装したあと、1968年には多店舗展開を始めた。 

さらに1992年には日本料理レストラン一号店の海燕亭上野店をオ-プンするなど、多角化にも着手。現在は婚礼事業なども手がけており、秋田県から兵庫県までに20店舗を展開している。 

多くの外食産業が新業態を開拓する手段としてM&Aを活用し成果を上げている現状がある。赤字脱却を目指す同社の今後の戦略が注目される。

東天紅の沿革
1961 中国料理レストラン東天紅上野本店をオ-プン
1961 日本で初めての中国料理バイキングを開始
1966 上野本店を増改築。地上8階、地下2階、客席総数3000席に
1968 多店舗展開をスタート
1978 東京証券取引所市場第二部に上場
1984 東京証券取引所市場第一部に上場
1992 日本料理レストラン一号店 海燕亭上野店をオ-プン
2015 上野本店を建て替え

文:M&A Online編集部