「iPhone SE2」の発売が間近なようだ。その「根拠」となるのが、2020年1月2日に実施したAppleオンラインストアでの初売り。普段は1円の値引きもしないアップルだが、この日に限り対象商品に「Apple Storeギフトカード」がつく。今年は「8」「8 Plus」、それに「XR」がiPhoneの特売対象機種となり、それぞれ6,000円分のApple Storeギフトカードがついた。

初売り特売から見えるiPhoneの「世代交代」

それがなぜ「SE2」の発売に結びつくのか?実は初売りで特売対象となる機種は、少なくとも今後2年以内に消えるからだ。2017年に再開した特売の対象は1世代、もしくは2世代離れた旧機種。過去に廃番となった機種では「7」「7 Plus」が3回、「SE」と「6s」「6s Plus」が2回ほど特売の対象になっている。

今年の特売対象となった機種のうち、「8」「8 Plus」は特売2回目であり、次回新型iPhoneの発売で廃番になるのは確実。唯一、3回も特売対象になった「7」「7 Plus」は2018年に廉価モデルの「SE」が廃番となり低価格製品のラインナップが不足したため、販売が継続されたと考えられる。

特売一覧
特売対象機種(対象となった回数) 廃番機種(同) 新発売機種
2016 特売なし 6/6 Pius - - SE 7/7 Plus
2017 7/7 Plus(1) SE(1) 6s/6s Plus(1) 5S - - 8/8 Plus X
2018 6s/6S Pius(2) 7/7 Plus(2) SE(2) 6s/6s Plus(2) SE(2) X XS/XS Max XR
2019 7/7 Plus(3) 8/8 Plus(1) - 7/7 Plus(3) XS/XS Max - 11 11 Pro/11 Pro Max
2020 8/8 Plus(2) XR(1) - 未定 未定 未定 未定 未定
*()がない機種は2017年以降の特売なし