HISが売却へ、なぜハウステンボスは3度も「身売り」された?

alt

「2度あることは3度ある?」エイチ・アイ・エス(HIS)<9603>が大型リゾート施設のハウステンボス(長崎県佐世保市)を売却する方向で調整している模様だ。21日、日本経済新聞が報じた。ハウステンボスの「身売り」は3回目だ。HISは同日、東証での適時開示で「株式の譲渡を含め様々な検討を行っておりますが、現時点において具体的に決定した事実はございません」と発表した。

重い初期投資負担と貸し剥がしで最初の身売り

ハウステンボスは総開発面積が152haと、国内最大の単独テーマパーク。この広大な敷地は江戸時代に干拓された新田だった。太平洋戦争時に海軍が接収し、海軍兵学校分校を開設。戦後は復員兵を受け入れる厚生省佐世保引揚援護局が置かれた後、陸上自衛隊針尾駐屯地となった。

1957年に同駐屯地は廃止され、長崎県に払い下げられた。県は「針尾工業団地」として造成したものの、工業用水不足などで企業誘致が進まず、空き地のまま20年以上放置された。そこで県は長崎オランダ村(長崎県西海市)にテーマパークの開設を依頼。同社が受け入れて1992年3月に「ハウステンボス」を開業した。

2000億円以上をかけてハリボテではない本格的な街づくりを実現したテーマパークだっただけに、バブル崩壊後の開園にもかかわらず入場者は多く、1996年度には380万人に達した。が、その後は減少に転じ、2001年度の入場者は293万人と300万人を切る。

初期投資負担が重かった上に、メインバンクだった都市銀行が金融大再編前に債務処理を迫られたこともあり、ハウステンボス運営会社の資金繰りが急速に悪化。2003年2月に2289億円の負債を抱えて会社更生法の適用を申請し、事実上倒産した。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

広がる「メタバース」HIS、日本旅⾏が参入 アバターが人気スポットで自撮り

広がる「メタバース」HIS、日本旅⾏が参入 アバターが人気スポットで自撮り

2022-07-08

旅行業界で、メタバースを活用する動きが広がってきた。小売りが先行する形で、メタバースの利用が広がっており、旅行業界でも今後、急速にメタバースの利用が一般化しそうだ。

関連のM&A速報