テーマパークの記事一覧

HISが業績回復のシナリオを公表 将来的な「業界再編」の準備も

HISが業績回復のシナリオを公表 将来的な「業界再編」の準備も

旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が2022年10月期に、コロナ前の2019年10月期の水準まで売上高が回復するシナリオを公表した。背景には旅行事業、ホテル事業が2021年初頭から回復基調に入るとの読みがある。

記事を読む
飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

飲食時の新型コロナ感染防止策「ハウステンボス」などが次々と

菅義偉首相が食事中の会話の際にマスクを着用するよう呼びかけるなど、飲食時の新型コロナウイルス感染防止策に注目が集まる中、企業によるさまざまな取り組みが現れてきた。

記事を読む
旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

旅行会社大手のエイチ・アイ・エ スが苦境に陥っている。2020年6月19日に、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を理由に、2020年10月期第2四半期の業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを明らかにした。M&A戦略に変更はあるのか。

記事を読む
オリオンビールを買収した投資ファンド「カーライル・グループ」とは

オリオンビールを買収した投資ファンド「カーライル・グループ」とは

カーライル・グループは365のファンドを抱え、2,220億ドル(22兆2000億円)以上の資産を運用する世界的な投資会社です。1987年に米国ワシントンで設立され、ヨーロッパ、南米、アフリカ、アジアなど世界中に拠点を設けています。

記事を読む
利益わずか50万円 としまえんを閉鎖して土地活用をする理由

利益わずか50万円 としまえんを閉鎖して土地活用をする理由

西武グループのとしまえんが閉鎖となり、跡地利用にワーナー・ブラザーズが手を挙げています。閉鎖後はハリー・ポッターを中心としたテーマパークが誕生するとの観測が高まっています。としまえんの2019年3月期の純利益はわずか50万円でした。

記事を読む
恒大集団の創業者・現会長の許家印【中国経営者シリーズ19】

恒大集団の創業者・現会長の許家印【中国経営者シリーズ19】

中国を代表する不動産開発会社、恒大集団の創業者で、現会長の許家印(シュウ・ジャアイン)を紹介する。「中国の富豪ランキング2019版」によると、許家印はアリババのジャック・マー、テンセントのポニー・マーに次ぐ第3位にランクインしている。

記事を読む
コメダ珈琲に出資した投資ファンド「MBKパートナーズ」とは?

コメダ珈琲に出資した投資ファンド「MBKパートナーズ」とは?

2013年2月にコメダ珈琲を買収し、知名度を高めたMBKパートナーズ。2019年6月には高級チョコレートのゴディバ・ジャパンを1000億円超で買収しています。韓国系投資ファンド・MBKパートナーズとは、どのような会社なのでしょうか?

記事を読む
テーマパーク建設を計画するワタミの新しい成長戦略とは?

テーマパーク建設を計画するワタミの新しい成長戦略とは?

10月1日外食大手ワタミの創業者・渡辺美樹氏がCEOに返り咲きました。復帰の祝砲を鳴らすように、テーマパーク「ワタミオーガニックランド」の建設計画を発表。当面の目標として売上高2000億を掲げたワタミは、その先に何を見るのでしょうか?

記事を読む
お菓子の「チカラ」で企業をプロデュース、エスプライドの西川世一社長に聞く

お菓子の「チカラ」で企業をプロデュース、エスプライドの西川世一社長に聞く

お菓子を使った企業プロデュースを手がけるESSPRIDE(エスプライド、東京都渋谷区)が社長のカード(ブロマイド)付きポテトチップスを展開している。その名も「社長チップス」。商品化の経緯や今後の方向性を西川世一社長に聞いた。

記事を読む
【クリエイト・レストランツ・HD】M&Aでゴルフ場内レストラン事業に参入

【クリエイト・レストランツ・HD】M&Aでゴルフ場内レストラン事業に参入

「しゃぶ菜」「磯丸水産」「かごの屋」などを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングスが、ゴルフ場内のレストラン事業に乗り出す。西洋フード・コンパスグループから同事業を譲受し新規参入する。

記事を読む
【ヒューリック】日本ビューホテルを子会社化し「観光」強化へ

【ヒューリック】日本ビューホテルを子会社化し「観光」強化へ

ヒューリックが不動産事業で新規領域の開拓にアクセルを踏み込んでいる。後発ながら、ここへてき攻勢を強めているのがホテル。6月、「浅草ビューホテル」など20ホテルを運営する日本ビューホテルを買収することを決めた。

記事を読む
【M&Aサマリー6月】前年比15件増の47件、東海カーボンが1000億円でドイツ社買収

【M&Aサマリー6月】前年比15件増の47件、東海カーボンが1000億円でドイツ社買収

6月のM&Aは47件で前年同月を15件上回った。6月は上場企業の株主総会の集中月であることから例年、M&Aを手控える傾向があり、年間を通じて最も件数が少ないが、過去10年間では2012年、2011年に次ぐ3番目の高水準だった。

記事を読む
【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

【セガサミーホールディングス】カジノ・IRシフトで進むM&A

セガサミーホールディングスは、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと、大手ゲームメーカーのセガグループの持株会社。サミーセガを買収し、2004年10月に経営統合して設立された。M&Aで誕生した同社だけに、企業買収には極めて積極的だ。

記事を読む
東南アジアで電気自動車を売る日本企業FOMMってどんな会社?

東南アジアで電気自動車を売る日本企業FOMMってどんな会社?

東南アジアで超小型電気自動車ブームを起こしている日本企業がある。川崎市幸区に本社を置くEVベンチャーのFOMMだ。EVベンチャーといえば米シリコンバレー発祥のテスラが有名だが、アジアではFOMMも負けていない。FOMMとはどんな会社なのか?

記事を読む
日常化する20%還元キャンペーン スマホ決済

日常化する20%還元キャンペーン スマホ決済

​スマートホン決済サービスの還元キャンペーンが日常化してきた。LINEは2019年3月15日から3月31日まで「LINE Pay」による支払いで20%還元キャンペーンを実施する。もはや20%還元は当たり前になってきた。

記事を読む
ディズニーのフォックス買収でHuluは動画配信業界の覇者に?

ディズニーのフォックス買収でHuluは動画配信業界の覇者に?

ディズニーはフォックスを713億ドル(約8兆円)で買収することとなりました。買収対象になったのは、20世紀フォックス、ナショナルジオグラフィック、そしてHulu。同社の狙いは動画配信HuluでNetflixやAmazonと対抗することです。

記事を読む
M&Aという魔法で躍進したディズニー

M&Aという魔法で躍進したディズニー

ディズニーはもはや「ミッキーマウス」や「白雪姫」だけでは語れない複合企業となっている。今回は、新たなキャラクターを生み出し、他部門の利益の源泉を作り出しているスタジオ・エンターテインメント部門に関連するディズニーのM&Aを取り上げてみたい。

記事を読む
フリマアプリ「メルカリ」の上場の是非

フリマアプリ「メルカリ」の上場の是非

フリマアプリを展開している「メルカリ」が、 東証に上場申請をしたことが日経新聞で報じられました。2016年7月に上場したLINEと比較しながら、メルカリ上場の是非について考えてみたいと思います。

記事を読む
人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

人気テーマパークの華麗な買収アトラクション

テーマパークは、巨額のマネーが動き、地域経済にも多大な影響を与える産業であるがゆえに、M&Aが絡むケースも少なくない。今回は人気テーマパークの東京ディズニーリゾート、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、那須ハイランドパーク、ハウステンボスのM&A変遷を追ってみたい。

記事を読む
投資ファンドによるM&A(上)日本市場でも存在感を示すプレイヤーたち

投資ファンドによるM&A(上)日本市場でも存在感を示すプレイヤーたち

投資ファンドの本分は「企業を安く買って高く売ること」だ。そのため、投資ファンドはM&A市場において、ときには「買い手」として、ときには「売り手」として登場頻度の多いプレイヤーでもある。活発な動きを見せる投資ファンドによるM&Aに注目したい。

記事を読む
【エイチ・アイ・エス】M&A本部を設置で目指す今後の拡大戦略は

【エイチ・アイ・エス】M&A本部を設置で目指す今後の拡大戦略は

2010年にハウステンボスを子会社化するなど、ホテル事業やテーマパーク事業を拡大させる旅行業界大手のエイチ・アイ・エス。2016年10月には「M&A本部」設置を発表し、M&Aを拡大戦略に積極的に活用する方針を打ち出している。

記事を読む
モノ消費からコト消費へ 2017年注目のVR関連銘柄

モノ消費からコト消費へ 2017年注目のVR関連銘柄

2017年の初売りでは、体験型の福袋が話題になりました。今年は消費者の関心がモノ消費からコト消費へシフトが予想されます。こうした中で、仮想空間と現実をつなぐ技術としてVR(仮想現実)の関連銘柄に一段と注目が集まりそうです。

記事を読む
『やっぱりTモバイルが好き』 AT&Tの買収に続くかコムキャスト

『やっぱりTモバイルが好き』 AT&Tの買収に続くかコムキャスト

AT&Tによるタイム・ワーナーの買収が通信業界の再編の波を起こすか注目されています。そこに待ったをかけたのは次期米大統領のドナルド・トランプ氏でしたが、ソフトバンク孫氏との電撃会談で風向きは変わるのでしょうか

記事を読む
スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

日本駐車場開発が駐車場、スキー場に続く、新たなビジネスに進出している。今年5月に那須ハイランドパークの運営会社の株式をわずか1円で取得した。スキー場の再生で培ってきた運営ノウハウをテーマパーク事業に生かす。初年度から好調な滑り出しを見せている。

記事を読む
【クリエイト・レストランツ・ホールディングス】「時間を買う」M&Aの積極活用で成長。次なる戦略は?

【クリエイト・レストランツ・ホールディングス】「時間を買う」M&Aの積極活用で成長。次なる戦略は?

立地に合わせて業態開発をする戦略を掲げ、100以上の業態の多種多様なレストランを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングス。確立されたブランドを買収する、「時間を買う」M&Aによって、一度は落ち込んだ売り上げを回復、急成長させている。そのM&A戦略を分析する。

記事を読む