王者セブン、ローソンとファミマの2位争い

セブン-イレブンは常に王者として君臨し、あまり買収戦略をとってきませんでした。
逆に、2位を争ってきたローソンとファミマは、小規模コンビニの吸収や提携などで規模を大きくしてきました。

現時点での店舗数で見ると、ファミマとサークルKサンクスが統合してココストアの店舗数(約600)も合わせると、王者セブン-イレブンを超えそうですが、統合する来年(2016年)9月には、おそらくセブン-イレブンの店舗数は2万を超えているでしょうから、セブン-イレブンの絶対的な地位は揺るがないものと思われます。

気になるのはローソンの動きですね。
これまでは早めの展開でファミマに差を付けてきましたが、店舗数だけで見れば、一気にファミマに差を付けられることになります。
ファミマはユニーGHDとの経営統合で、来年までは大きな動きは無理でしょうから、これからの1年はローソンの動きに注目です。

本記事は、ブログ「コンビニ徹底比較」(2015/10/16公開)より転載しております。

関連リンク
【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?
・【今週のピックアップ】地場ネットワークのM&Aでますます拡大する大手