【横浜ゴム】M&Aで「巨人」と「新興メーカー」に立ち向かう

alt

横浜ゴムのM&A史

年月

出来事
1989年10月 米タイヤ製造のモホーク ラバー カンパニーを買収
2014年9月 米パーカー・ハネフィン社から伊マリンホース製造販売のパーカーMHP社を買収し、ヨコハマ工業品イタリアS.R.Lに社名変更
2015年1月 不二精工からタイヤビード専門会社の亀山ビードを買収
2016年7月 農業機械・産業車両・建設車両・林業機械向けタイヤ製造・販売持株会社の蘭アライアンス タイヤ グループ B.V(ATG)を買収
2017年3月 産業車両用タイヤを手がける愛知タイヤ工業を買収
2017年12月 子会社の株式所有を目的とするアライアンス・タイヤ・グループを設立
2020年10月 浜ゴム不動産を吸収合併
2022年下期 スウェーデンの農業機械用タイヤメーカー、トレルボルグを買収

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

有利子負債は1兆円超、マレリが事業再生ADRを申請

有利子負債は1兆円超、マレリが事業再生ADRを申請

2022-03-06

マレリホールディングスは3月1日、事業再生実務家協会に事業再生ADRを申請した。2020年12月期現在の有利子負債合計(単体)は1兆1707億9300万円。取引金融機関は約30。