米配車サービス大手のUber Technologies(ウーバー・テクノロジーズ、以下ウーバー)は2020年10月2日、貨物事業であるUber Freight(ウーバーフレイト)のシリーズA優先株を発行し、5億ドル(約530億円)を調達した。主力の配車サービス事業が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で低迷する中、貨物事業はフードデリバリー(配食)事業のUber Eats(ウーバーイーツ)と同様に受注を伸ばしている。

なぜ好調な貨物事業の株を放出した?

ウーバーフレイトへの出資比率は過半数を維持するとはいえ、なぜウーバーは長期化するコロナ禍でも利益を出せる「虎の子」の貨物事業の優先株を発行し、第三者に手渡してしまったのか?実は売り上げを伸ばしているとはいえ、ウーバーフレイトは赤字だ。

ウーバーの2020年第2四半期(4〜6月)決算によると、ウーバーフレイトの調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の赤字幅は、同第1四半期の6400万ドル(約68億円)から第2四半期は4900万ドル(約52億円)に縮小している。

これまでは、こうした新規事業の赤字は好調な配車サービス事業が穴埋めをしていた。ところが同事業はコロナ禍で人の移動が激減したため、苦戦が続いている。ウーバーの配車サービス事業の売上高は同第1四半期の16億6000万ドル(約1750億円)から同第2四半期には7億3700万ドル(約780億円)と半分以下に激減した。同事業の同第2四半期調整後EBITDAは5000万ドル(約53億円)の黒字にすぎず、新規事業を支える余裕はなくなっている。

ウーバーの稼ぎ頭である配車サービス事業は、コロナ禍により全世界で大打撃を受けた(Photo by Alper Çuğun)