日産自動車<7201>と仏ルノーの経営主導権争いは、「ルノー日産BV」に代わる新統括組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を立ち上げることで、ひとまず決着。ルノーとの当面の懸案だった会長人事は、ルノーのジャンドミニク・スナール会長が「日産の会長になるつもりはない」と譲歩した。経営統合についても明言を避けたことで、国内メディアでは「日産がルノーの攻勢を防ぎ切った」との見方がもっぱら。だが、実際にはどちらが有利に交渉を進めたのだろうか?

ルノーとの関係はゴーン時代よりも対等になるのか?

Q ルノーと日産の力関係は、アライアンスの新統括組織となる「アライアンス・オペレーティング・ボード」の発足で、カルロス・ゴーン前会長時代よりも対等に近づいたのか?

A 対ルノーという意味ではノーだ。そもそもゴーン時代は「日産の上位にルノーが君臨する」というよよりも「日産とルノーの上位にゴーン前会長が君臨する」状態だった。ルノーにとって日産の経営統合は魅力的だが、2017年後半までは最大の抵抗勢力がゴーン前会長だった。結局、ルノーの筆頭株主であるフランス政府からCEO職解任をちらつかされて、ゴーン前会長は経営統合もやむなしの方向に傾いた。「ルノー日産BV」と「日産三菱BV」が事実上消滅することでゴーン前会長の「個人支配」は終わるが、アライアンス・オペレーティング・ボードの発足でルノーによる日産の「組織支配」は強化されるだろう。

Q ルノーは強く求めていた日産の会長職も断念したが…。

A 会長や社長、専務といった肩書に法的な根拠はなく、会社が勝手につける役職序列にすぎない。商法や会社法における経営陣の序列は、代表取締役と取締役のみ。スナール会長は取締役会副議長という役職序列ながら、代表権をもつ取締役だ。代表権のない会長よりも、日産に対する影響力は大きい。職位では上となる取締役会議長は社外から招聘(しょうへい)される「お飾り」で、スナール副議長を抑えることは難しいだろう。ルノーが「名を捨てて実を取った」形だ。

ルノーのスナール会長は「名を捨てて実を取った」(日産ホームページより)