トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >ディーゼルエンジンの「ヤンマー」が2年ぶりにクロスボーダー

ディーゼルエンジンの「ヤンマー」が2年ぶりにクロスボーダー

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
都会の真ん中で緑に囲まれてバーベキューやグリル料理が楽しめる「THE FARM TOKYO」(​​ヤンマー東京支社ビル跡地)​

農機や建機、プレジャーボートなどを手がけるヤンマー(大阪市北区)が、ほぼ2年ぶりにクロスボーダー(M&Aの国際間取引)を実施した。空調や冷蔵機器の販売や周辺機器の製造を手がけるドイツのKKUグループ3社の株式を取得。出資比率や買収価格は明らかにしていないが、株式の過半数は取得した模様だ。

今後、エネルギ-事業を手がけるヤンマーエネルギーシステムとKKUグループが持つ販売やサービスのネットワークを活用し事業を拡大する。これに伴ってヤンマーエネルギーシステムは海外売上比率を現在の30%から50%に引き上げる...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY