宇宙の記事一覧

【帝人】未来の社会を支える会社を目指しM&Aを加速

【帝人】未来の社会を支える会社を目指しM&Aを加速

合成繊維大手の帝人がM&Aを加速している。同社は2020年12月、2021年1月、2月と3カ月連続でM&Aを発表(適時開示情報)した。中期経営計画にM&A枠を設けており、M&Aによる事業の成長に前向きだ。同社が目指す企業像とはどのようなものなのか。

記事を読む
三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

​三菱電機が2月1日に創立100周年を迎えた。家庭から宇宙に事業領域は及び、売上高は4兆円を超える。大手電機8社で100周年に到達するのは東芝、NEC、日立製作所などに続いて6番目となるが、この機会に競合各社のルーツなどを探ってみると。

記事を読む
ニトリホールディングス、30年に一度の変革のタイミングが到来|ビジネスパーソンのための占星術

ニトリホールディングス、30年に一度の変革のタイミングが到来|ビジネスパーソンのための占星術

ニトリホールディングスの快進撃が止まらない。30年以上続く増収増益路線はコロナ禍にあっても揺るぎが見えない。同社初の本格的なM&Aで島忠を買収し、ホームセンター業界に版図を広げる勢いだ。占星術でニトリの来し方行く末を点検すると…。

記事を読む
大学発ベンチャーの「起源」(22) ボールウェーブ

大学発ベンチャーの「起源」(22) ボールウェーブ

ボールウェーブは東北大学発の超精密測定機器メーカー。同大学の山中一司教授(現・名誉教授)らが開発したボールSAWセンサーの技術を基に、文科省と科学技術振興機構から支援を受けて2015年11月に起業した。半導体製造から宇宙開発まで用途は広い。

記事を読む
【日本M&A史】三菱重工業の復活 財閥から企業集団へ(8)

【日本M&A史】三菱重工業の復活 財閥から企業集団へ(8)

1964年6月、三菱三重工(三菱日本重工・新三菱重工・三菱造船)合併による三菱重工業の復活は、「財閥の復活」として国内外に大きな反響を呼んだ。統合には、三菱三重工間の競合や重複投資を除去するというねらいがあった。

記事を読む
ENEOSホールディングス、次の変化のタイミングは2025年|ビジネスパーソンのための占星術

ENEOSホールディングス、次の変化のタイミングは2025年|ビジネスパーソンのための占星術

JXTGホールディングスから改称し、ENEOSホールディングスが6月25日にスタートした。持ち株会社の運営体制変更に伴う社名変更だが、業界の盟主・旧日本石油を中心とする20年に及ぶ統合・再編劇の総仕上げの意味合いが強い。占星術の見立ては?

記事を読む
口コミで話題 音で映画の歴史を振り返る『ようこそ映画音響の世界へ』

口コミで話題 音で映画の歴史を振り返る『ようこそ映画音響の世界へ』

音が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく映画『ようこそ映画音響の世界へ』が公開され、映画ファンの間で話題になっている。配給会社にも観客にも理解されていなかった音の重要性。それを一変させたのが『スター・ウォーズ』である。

記事を読む
日産自動車、30年に一度の変容の時期が到来|ビジネスパーソンのための占星術

日産自動車、30年に一度の変容の時期が到来|ビジネスパーソンのための占星術

「ゴーンショック」に揺れる日産自動車は2020年3月期に6712億円の最終赤字に転落した。最終赤字はリーマンショック後の09年3月期以来11年ぶりだが、その額は経営危機の最中だった20年前に匹敵する。日産再生の道筋を占う。

記事を読む
昭和電工、2023年を境に新フェーズに入る星配置|ビジネスパーソンのための占星術

昭和電工、2023年を境に新フェーズに入る星配置|ビジネスパーソンのための占星術

ビジネス占星術によると、昭和電工が2023年から新しいフェーズに入るという。約9600億円を投じ、化学業界で久しぶりの大型再編となった日立化成の買収も、その布石ととらえられる。昭和電工が本領を発揮する星配置が近づいている。

記事を読む
新型コロナ、ソフトバンク出資の宇宙ベンチャーを「殺す」

新型コロナ、ソフトバンク出資の宇宙ベンチャーを「殺す」

ソフトバンクグループが筆頭株主の英通信衛星スタートアップ企業のワンウェブが2020年3月27日、日本の民事再生法に当たる​「破産法第11章」に基づく会社更生手続を申請した。同社の経営破綻の背景には新型コロナウイルス感染症の拡大があった。

記事を読む
改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(後編)

改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(後編)

今春施行される改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか。橘川教授によると新電力を中心とした新興企業は依然として買収される可能性はあると指摘する。

記事を読む
改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(前編)

改正外為法でエネルギー会社買収の脅威はなくなるのか(前編)

外国人投資家による上場企業への出資規制を強化する改正外為法が2020年春に施行される。届出基準の厳格化で電力会社に対する買収の脅威はなくなるのか。エネルギー政策に詳しい橘川武郎東京理科大学大学院教授に聞いた。

記事を読む
敵対的TOBで注目の会社が映画の舞台に!『前田建設ファンタジー営業部』

敵対的TOBで注目の会社が映画の舞台に!『前田建設ファンタジー営業部』

映画『前田建設ファンタジー営業部』がM&A業界から注目を浴びている。というのも映画の主役である前田建設工業が前田道路に”敵対的TOB”を仕掛けたからだ。TOBと映画上映の“同時進行”という異例ともいえる事態にどちらの行方も気になるところだ。

記事を読む
「外為法」改正、外資規制強化で対日M&Aに影響は?

「外為法」改正、外資規制強化で対日M&Aに影響は?

安全保障に関わる日本企業への外資規制を強化する改正外為法が11月に成立し、来春に施行される。事前届け出の基準となる出資比率を現在の「10%以上」から「1%以上」に厳格化する。法改正のポイントや留意点、対日M&Aへの影響などを専門家に聞いた。

記事を読む
火星の地球化に貢献 京大発ベンチャー エアロゲルを手がけるティエムファクトリ

火星の地球化に貢献 京大発ベンチャー エアロゲルを手がけるティエムファクトリ

火星などの惑星の環境を変化させ、人類の住める星に改造する「テラフォーミング」という言葉がある。この夢のような構想の実現に役立つ可能性のある素材の量産化​を進めているのが京大発ベンチャーのティエムファクトリ(東京都港区​)だ。

記事を読む
その名もゴージャス!?ゴールデン佐渡|産業遺産のM&A

その名もゴージャス!?ゴールデン佐渡|産業遺産のM&A

佐渡鉱山の観光を担うゴールデン佐渡は1970年に操業した。同じ佐渡の採掘を担う佐渡金山を、その操業停止とともに吸収合併し、2006年には秋田県鹿角市の尾去沢鉱山を吸収合併する。近代鉱山史における“もう一つの顔”、M&Aの歴史を歩く。

記事を読む
大型M&Aを牽引するソフトバンク勢、ZOZO・ユニゾ・ヤフーを傘下へ

大型M&Aを牽引するソフトバンク勢、ZOZO・ユニゾ・ヤフーを傘下へ

ソフトバンクグループとその傘下企業が国内の大型M&Aを牽引している。2019年も第3四半期(1~9月)を終えるが、買収金額の上位10傑中、ソフトバンク勢は2位、3位、6位にランクイン。資金力に勝るソフトバンク勢の面目を存分に発揮した格好だ。

記事を読む
三菱重工、今年4月を境に「好転局面」入り|ビジネスパーソンのための占星術

三菱重工、今年4月を境に「好転局面」入り|ビジネスパーソンのための占星術

三菱重工業は日本で指折りの大企業。船舶、重機からエネルギー、産業機械、航空・防衛・宇宙まで、陸海空の幅広い領域をカバーする。社運を左右するとされるのが小型ジェット旅客機「スペースジェット」の行方だ。占星術の見立てはどうだろう。

記事を読む
33億円調達に成功した「宇宙の掃除屋」アストロスケールとは?

33億円調達に成功した「宇宙の掃除屋」アストロスケールとは?

宇宙開発ベンチャーのアストロスケールホールディングスが3000万ドル(約33億円)の資金調達に成功した。「シリーズD」ラウンドの追加調達で、「シリーズA」ラウンド以降の累積調達額は約166億3100万円となった。投資家に注目される同社とは?

記事を読む
アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル・サバイバル|編集部おすすめの1冊

アパレル市場を一変させたゲームチェンジャーであるZOZO。本書はZOZOをはじめとするアパレル販売の「ゲームチェンジャー」を取り上げ、それらの戦略と業界・社会に与える影響を明らかにする一冊。果たして次の10年間で業界を支配するのはどこか。

記事を読む
ZOZO前澤友作社長は革命家!2023年頃何かが起こる!?|ビジネスパーソンのための占星術

ZOZO前澤友作社長は革命家!2023年頃何かが起こる!?|ビジネスパーソンのための占星術

2019年2月、話題となっていたツイッターを休止し、事業回復に専念すると宣言したZOZOの前澤友作社長。1ヶ月で株価も回復傾向へと転じた。その有言実行力を示した前澤氏を柳川隆洸氏が占星術的視点から読み解きます。

記事を読む
Market の語源は?|金融・経済の英単語

Market の語源は?|金融・経済の英単語

本日のワードは「Market」です。語源はラテン語の「merx(品物、財産)にさかのぼります。

記事を読む
LINEの仮想通貨や決済サービスの行方は?|ビジネスパーソンのための占星術

LINEの仮想通貨や決済サービスの行方は?|ビジネスパーソンのための占星術

仮想通貨「LINK」やスマホ決済サービス「LINE Pay」など、新規事業を続々と展開させているLINE株式会社。そんなLINEを柳川隆洸氏が占星術的視点から読み解きます。2019年は転換期。金融関連へと舵をきった新規事業の芽は出るのか⁉︎

記事を読む
ZOZO 前澤社長の原価率ツイートは「大ブーメラン」だった!

ZOZO 前澤社長の原価率ツイートは「大ブーメラン」だった!

インターネット衣料通販大手ZOZOを経営する前澤友作社長のツイート「いまお店で約1万円くらいで売られている洋服の原価がだいたい2000~3000円くらいだということを、皆さんはご存知ですか?」が話題になっている。が、実際にぼったくりなのは…

記事を読む
「EVの風雲児」テスラが買収したマックスウェル・テクノロジーズってどんな会社?

「EVの風雲児」テスラが買収したマックスウェル・テクノロジーズってどんな会社?

米電気自動車大手のテスラがバッテリー技術会社の米マックスウェル・テクノロジーズを約2億1800万ドル(約240億円)で買収する。今回の買収劇で最重要部品である蓄電池の増産に弾みをつけ、EVの生産拡大を図ると伝えられている​が、本当にそうか?

記事を読む