M&A速報

ジー・テイスト<2694>、ジー・コミュニケーションの組織再編に伴い公開買い付けへ

2013/02/15

ジー・テイストは、親会社でコンサルティング業のジー・コミュニケーション(名古屋市)がクックイノベンチャー(兵庫県稲美町)の傘下に入ったことから、ジー・コミュニケーションがジー・テイストに対してTOB(株式公開買い付け)を実施し、株主に保有株式を売却する機会を提供すると発表した。ジー・コミュニケーションはジー・テイストの株式44.32%を保有する親会社で、応募のあった株式はすべて買い付ける。

クックイノベンチャーは2013年2月に設立され、ジー・コミュニケーションの代表取締役社長である杉本英雄氏が代表を務め、ジー・コミュニケーショングループのスポンサーとなる神戸物産も18.9%を出資している。ジー・コミュニケーションが実施する第三者割当増資を引き受け、68.18%を所有する親会社となった。

買付価格は31円で、公表前営業日の終値41円に対して24.39%のディスカウントとなる。買付予定数は4453万2403株で、買付総額は138億27万2012円。買付期間は2013年2月18日から3月15日まで。決済の開始日は2013年3月21日。

ジー・コミュニケーションの元親会社であったフーディーズは2012年8月に東京地方裁判所より破産手続き開始決定を受けている。クックイノベンチャーの増資引受後のジー・コミュニケーション株保有割合は16.22%に下がった。

関連の記事

7月に社名変更する上場企業、その顔ぶれと理由は?

7月に社名変更する上場企業、その顔ぶれと理由は?

2021/06/25

7月から2021年も後半戦。下期入りに合わせ、社名変更する上場企業は5社を数える。4月の15社、10月予定の13社に比べると、数は少ないものの、7月としては例年並み(前年は6社)だ。その顔ぶれと理由は?

意外と知らない?「ドンキ」「ヤフー」「磯丸水産」の親会社名

意外と知らない?「ドンキ」「ヤフー」「磯丸水産」の親会社名

2020/10/21

「一体何をやっている会社なのか?」と、戸惑う社名が増えている。とりわけ持ち株会社にその傾向が強い。傘下の事業会社名を聞いて、「あの有名企業の親会社なのか!」と驚くこともしばしばだろう。なぜ、持ち株会社の社名は「分かりにくい」のか。

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

2020/09/18

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

コロナ危機を乗り越える、現金保有率の高い居酒屋企業ランキング

コロナ危機を乗り越える、現金保有率の高い居酒屋企業ランキング

2020/03/27

コロナにより飲食店の3月売上が前年比40~60%と大幅な減少が見込まれています。特に3、4月は送別会、歓迎会の宴会需要が多い月。居酒屋企業にとっては大打撃です。この危機を乗り越える切り札はやはり現金。上場居酒屋企業の現金保有率が高い企業は?

チムニー・海帆・あみやき亭が買収断行 「焼肉店」のM&A再燃?

チムニー・海帆・あみやき亭が買収断行 「焼肉店」のM&A再燃?

2019/11/12

焼肉店のM&Aがじわり増えている。上場の外食企業が買い手となる案件は昨年ゼロだったが、今年はこれまで3件を数える。ターゲットはいずれも都内の中小焼肉店。同業同士は1件で、残る2件は居酒屋チェーンが新業態として「焼肉」を取り込むケースだ。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア