M&A速報

神戸物産<3038>、中華レストラン運営の日本臨床漢方研究機構を子会社化

2015/06/10

神戸物産は連結子会社でコンサルティング業のジー・コミュニケーション(名古屋市)が、飲食店経営の日本臨床漢方研究機構(東京都港区。売上高4200万円、営業利益△1100万円、純資産△3300万円)の株式66.7%を6月10日付けで取得し子会社化すると発表した。

日本臨床漢方研究機構は2014年設立で、港区白金台で薬膳・漢方を取り入れた中華レストラン「食文化サロン 白金劉安」を運営する。神戸物産はグループ内の外食事業の強化を図る。取得価額は非公表。

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

2020/09/18

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア