神戸物産は、食品製造業のターメルトフーズ(山口県防府市。売上高4億9800万円、営業利益△2300万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

輸入冷凍餃子の薬物混入事件により中国製品に対する非難が高まっており、同国からの商品の安定供給が困難になりつつある。こうした中、神戸物産はターメルトフーズを取り込むことで国内商品の安定供給を図る。一方、ターメルトフーズは、神戸物産の仕入れルートを活用することで、業種業態別の開発やコストダウンを目指す。

取得価額は0円。取得予定日は3月14日。