神戸物産は、食品卸売業のエルフーズ(兵庫県姫路市。売上高49億3000万円、営業利益7000万円)と鶏卵加工工場を運営するウエボス(兵庫県姫路市。売上高3億4100万円、営業利益△5700万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

輸入冷凍餃子の薬物混入事件を背景に中国製品に対する批判が高まる中、同国からの商品供給は困難になりつつある。こうした中、神戸物産は国内商品の安定供給を図ることが業務スーパーの売り上げ確保には欠かせないと判断し、エルフーズを取り込むこととした。また、ウエボスを取得し、自社で開発した鶏卵商品の技術を同社に落とし込むことで約20%のコストダウンを見込む。

取得価額はいずれも0円。取得日は2008年3月6日。