M&A速報

神戸物産<3038>、食料品卸売のエルフーズと鶏卵加工のウエボスを子会社化

2008/03/06

神戸物産は、食品卸売業のエルフーズ(兵庫県姫路市。売上高49億3000万円、営業利益7000万円)と鶏卵加工工場を運営するウエボス(兵庫県姫路市。売上高3億4100万円、営業利益△5700万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

輸入冷凍餃子の薬物混入事件を背景に中国製品に対する批判が高まる中、同国からの商品供給は困難になりつつある。こうした中、神戸物産は国内商品の安定供給を図ることが業務スーパーの売り上げ確保には欠かせないと判断し、エルフーズを取り込むこととした。また、ウエボスを取得し、自社で開発した鶏卵商品の技術を同社に落とし込むことで約20%のコストダウンを見込む。

取得価額はいずれも0円。取得日は2008年3月6日。

M&Aデータベース

関連の記事

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

【コロナ禍の外食M&Aまとめ】ノンコアの切り離しが加速

2020/10/09

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界に激震が走りました。その一方で、火中の栗を拾うように外食企業のM&Aも盛んに行われています。売り手の多くはノンコアの外食事業の切り離し。買い手は外食を専門で手掛けていた企業や経営者です。

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

2020/09/18

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア