神戸物産は、水産加工品製造・販売業のほくと食品(宮城県石巻市)の全株式を取得し子会社化することを決議した。ほくと食品が全額減資すると同時に増資し、神戸物産はその増資分の全株式(900株)を引き受ける。

ほくと食品は採算悪化に伴い2010年10月に民事再生法の適用を申請。その後、2011年の東日本大震災により事業の継続がより難しくなった。現状は仮工場での水産加工事業や鮮魚の市場卸業務を運営している。神戸物産はほくと食品を子会社化後、三陸で水揚げされた魚を石巻漁港近くの冷凍加工場でレトルト商品などに加工し、全国の業務スーパーで販売する予定。 取得価額は900万円。取得日は2012年12月26日。