神戸物産は海外子会社を通じ、シンガポールで鉄板焼き店の経営を予定するWIZ JOINT PTE. LTD.を子会社化(所有割合45%)することを決議した。同社が実施する第三者割当増資を引き受ける。

WIZ JOINTは資本金12万シンガポールドル(約1000万円)で、2018年8月に代表取締役の緒方慶太氏と宮凪寿和氏が折半出資で設立し、現在、開業準備中。神戸物産は海外レストラン事業を強化するのが狙い。

取得価額は約800万円。取得日は2018年10月25日。