【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

生き残るためには「M&Aしかない」

サカタのタネが大手種子販売業者や異業種から買収される可能性もある。同社の活躍するステージを一段階引き上げるためにも「買収される」のも悪くない決断といえる。だが、サカタのタネが自主独立してグローバル競争に生き残るには、買収を加速する必要がある。

果たしてサカタのタネは「食うか食われるか」の種子ビジネスのM&A合戦で生き残ることができるのか。その答えは数年後には明らかになるだろう。それほど種子市場の変化は大きく、速い。

サカタのタネの海外進出とM&A年表
出来事 買収
1913 創業  
1942 企業合同により「坂田種苗株式会社」を設立  
1977 サカタ・シード・アメリカ(SAI)を設立  
1986 「株式会社サカタのタネ」に社名変更  
1987 東京証券取引所市場第2部に上場  
1990 サカタ・シード・ヨーロッパ設立  
東京証券取引所市場第1部に上場
1991 サカタ・シード・チリ設立  
1994 サカタ・シード・ブラジル設立  
  アグロフローラ社(ブラジル)買収
1996 サカタ・サイアム・シード(タイ)設立  
  サカタ・シード・イベリカ(スペイン)設立  
  サカタ・シード・フランス設立  
  サミュエル・イェーツ社(イギリス)買収
1997 青源種苗を買収し、韓国事務所を設立  
1998 坂田種苗(蘇州)有限公司(中国)設立  
1999 メイフォード社(南アフリカ)買収
2000 青源種苗をサカタ・コリアに改称  
2001 ヨーロッパ・アフリカの統括会社としてヨーロピアン・サカタ・ホールディング(フランス)設立  
  アグロフローラ社をサカタ・シード・スダメリカに改称  
2002 サミュエル・イェーツ社をサカタ・ユーケーに改称  
2003 デンフェルト社(デンマーク)の花き部門を買収
  サカタ・オーナーメンタルズ・ヨーロッパ設立  
  ヨーローピアン・サカタをサカタ・ベジタブルズ・ヨーロッパに改称  
2004 サカタ・シード・ヨーロッパをサカタ・ホランドに改称  
2005 クオリベジ・シード・プロダクション社(アメリカ)を買収
2008 メイフォード社をサカタ・シード・サザンアフリカに改称  
  サカタ・シード・インディア(インド)設立  
2011 サカタ・ターキー(トルコ)設立  
2018 サカタベトナムを設立  
  サカタ・シード・アルゼンチナ(アルゼンチン)を設立  

文:M&A Online編集部

この記事は企業の有価証券報告書などの公開資料、また各種報道などをもとにまとめています。

タグ

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

2015年「農事組合法人」の新設法人調査

2015年「農事組合法人」の新設法人調査

2016-07-28

2015年(1‐12月)に全国で設立された「農事組合法人」は750社(前年比70.8%増)で、調査を始めた2009年以降で最多を記録した。 今回は農業分野ならびに農事組合法人について調査した。