M&A速報

ベルグアース<1383>、サカタのタネ<1377>の子会社から花苗事業を取得

2019/05/17

ベルグアースは、サカタのタネの100%子会社である長野セルトップ(長野県東御市)のトルコギキョウを中心とする花苗事業を取得することを決議した。

ベルグアースは成長戦略の一つとして事業の多角化・多品目化を打ち出している。中核事業である野菜苗生産販売に今回、花苗事業を加え、苗事業を拡充する。取得価額は6000万円。取得予定日は2019年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

2018/03/27

サカタのタネが海外市場へ積極的に進出している。理由は新興国の人口増と食の西洋化に伴う洋食野菜の需要増だ。しかし、世界最大手の米モンサントが独バイエルに買収されるなど、業界地図は大きく変わろうとしている。サカタのタネはこの乱戦を生き残れるか。

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

2017/10/24

再編が進む農薬・種子業界だが、背景には、世界の食糧需要拡大に伴う研究開発費負担の重さに頭を抱える企業の実態がある。バイエルのモンサント買収に端を発した今回の「玉突き」的業界再編は、多くの海外メディアが取り上げており、その動向が注目されている。

M&A速報検索

クリア