M&A速報

サカタのタネ<1377>、ヨルダンのキュウリ育種会社を買収

2017/10/03

サカタのタネは欧州子会社を通じて、ヨルダンのキュウリ育種会社のAl Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.(アンマン。売上高約1億3100万円)の全株式を取得し子会社化した。

サカタのタネは世界的に流通しているキュウリをグローバル戦略品目の1つと位置づけている。Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.を傘下に取り込むことでキュウリの研究開発を加速するとともに、海外拠点との連携を深めグローバル体制の強化を図る。

取得価額は非公表。取得日は2017年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

【サカタのタネ】M&Aで世界にビジネスの「タネ」をまく

2018/03/27

サカタのタネが海外市場へ積極的に進出している。理由は新興国の人口増と食の西洋化に伴う洋食野菜の需要増だ。しかし、世界最大手の米モンサントが独バイエルに買収されるなど、業界地図は大きく変わろうとしている。サカタのタネはこの乱戦を生き残れるか。

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

BASFとバイエルによる農薬・種子業界の玉突き再編 背景に研究開発費負担の重さ

2017/10/24

再編が進む農薬・種子業界だが、背景には、世界の食糧需要拡大に伴う研究開発費負担の重さに頭を抱える企業の実態がある。バイエルのモンサント買収に端を発した今回の「玉突き」的業界再編は、多くの海外メディアが取り上げており、その動向が注目されている。

M&A速報検索

クリア