お茶づけ海苔やふりかけ、フリーズドライ味噌汁などを手がける永谷園ホールディングス(永谷園HD)<2899>。「味ひとすじ 永谷園」のキャッチフレーズで知られ、家庭で簡単に和食を味わえる食品文化を支えてきた企業だ。その永谷園がM&Aに乗り出したのは2008年から、本格的な取り組みが始まったのは創立60周年を迎えた2013年からだ。しかも、その買収はグローバル化に向けた布石という。「和食」を支える大手が、M&Aで海外に新たな活路を見いだそうとしている。

現代につながる「煎茶」開発者だった永谷園の祖

 永谷園の創業は古い。江戸時代に山城国宇治田原郷湯屋谷村(現・京都府綴喜郡宇治田原町湯屋谷)で茶の栽培を手がけていた永谷宗七郎義弘、のちの宗円(1681-1778年)にさかのぼる。宗円は「青製煎茶製法」を発明し、煎茶の普及に多大な功績を残したと伝えられる人物。蒸すか茹(ゆ)でるかして加熱処理した茶葉を乾燥する前に「揉む」ことで、青みがかった緑色の「青製」と呼ばれた茶に加工する手法だ。これが現在の煎茶である。

 それまでは揉む工程がなかったため、一般庶民が飲むお茶は黒っぽい「黒製」が主流だった。江戸時代に入ると宇治茶人気は凋落していたが、宗円の青製煎茶で再び名産品としてクローズアップされた。宗円の青製煎茶は江戸にも広まり、庶民にも定着する。宗円の青製煎茶を江戸で販売したのが、山本嘉兵衛。彼は江戸で「山本山」を立ち上げた。これが現在の山本山である。

 つまり永谷園と山本山は、江戸時代にメーカーと販売代理店の関係にあった。青製煎茶の委託販売で巨万の財をなした山本山は、明治8年(1875年)まで永谷家に毎年小判25両を贈っていたという。実は宗円の業績については伝承が多く、実際の業績を実証する一次史料(当時の記録)は非常に少ない。ただ、永谷園(宗円)が山本山と提携し、宇治茶を江戸で広めたことは事実である。

茶畑
永谷園の開祖は煎茶を生産する豪農だった