国内では細胞関連ベンチャーに出資

 海外でのM&Aも積極的に行っており、医療機器事業では、2010年にナスダック市場に上場していた米ホームダイアグノスティクスをTOBにより買収した。同社は米国で糖尿病患者向けの血糖値測定器を製造販売する会社である。 また、2012年には同社の強みである人工腎臓(ダイアライザー)の世界トップシェアを目指し、スペインの透析液製造・販売会社のネフロイオンとブラジルの同業のサルベゴラボラトリオファルマセウティコを買収しており、2015年にもスイスの販売代理店のリギ・メディティン・テクニックを買収している。

 硝子事業では2010年に、中国の医薬用ガラス製品製造販売会社の成都平原尼普洛薬業包装を買収している。同社を買収は、米印仏などと共に、ニプロの硝子事業における海外製造拠点の一つとなった。

 一方、国内企業に対するM&Aも行っており、2013年にジャスダック上場でディスポーザブル医療機器の輸入、開発、製造、販売を行うグッドマンをTOBにより買収し、2014年には関連会社のバイオベンチャーで免疫細胞療法研究向けの培養液製造を手がける細胞科学研究所を追加出資し子会社している。

 これまで、日本の医療機器メーカーは高い技術力を背景に、技術に拘った製品開発に傾注してきた面もあった。医療機器は人命に関わるため、高度な機能や多くの技術力が重要な要素となることは間違いない。しかし、重要なことは医療機関や医師のニーズを汲み取り、それを製品開発に如何に活かしていくかということである。

 ニプロは長年に渡り医療分野に携わってきたこともあり、様々な技術力や業界独特のノウハウが蓄積されており、医療機器・医薬品・医療用硝子材料という幅広い製品を有している。特に、医療機器と医薬品を製造・販売している同社にとって、医療機器と医薬品営業の連携が医療現場との関係強化に寄与していると思われる。

 しかしながら、医療現場からニーズ情報を得ることは容易ではなく、高い技術力や医療機関及び医師とのネットワーク構築など、様々なノウハウが必要になる。この点においても、外資系医療機器メーカーは医療クラスターという集積された環境で医療機関との深い関係を構築する、あるいは医療機関運営に深く関わり現場のニーズを汲み取るといった点に長けており、ニプロを含め国内メーカーは学ぶべき点も多い。

 先進国の高齢化や新興国の医療需要拡大により、世界の医療機器市場は今後も拡大が見込まれ、市場の拡大はニプロにとっても大きなチャンスであることは言うまでもない。

 一方、圧倒的なシェアや売上規模を持つ欧米を中心とした外資系大手医療機器メーカーに比べて日本の医療機器メーカーの規模は小さく、日本の各企業の売上高は世界のトップ10に遠く及ばない。膨大な研究開発費を要する医療機器分野においては、製品開発には資金力が重要となり、豊富な資金力を有する欧米のメーカーは日本でも積極的に事業を拡大している。そういった面でも欧米の大手メーカーはニプロにとって非常に大きな競合相手となる。