ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【京セラ】京セラのM&A戦略とアメーバ経営

alt

京セラの業績

1959年に京都の町工場からスタートした同社は、約60年間で時価総額2兆円以上の大企業に発展した。現在の売上高は、2014年以降1兆4,000億円以上を維持している。収益についても2015年以降は当期純利益で1,000億円以上を計上している。

京セラの利益推移とEBITDA

単位:百万円 2014/03期 2015/03期 2016/03期 2017/03期
売上高 1,447,369 1,526,536 1,479,627 1,422,754
売上総利益 378,904 389,399 386,160 373,282
EBITDA 196,733 166,422 183,446 181,987
営業利益 120,582 93,428 92,656 104,542
経常利益 146,268 121,862 145,583 137,849
当期純利益 88,756 115,875 109,047 103,843    

セグメント別売上高をみると、バランスよく収益を上げていることがわかる。その根底には「京セラフィロソフィ」「アメーバ経営」という経営哲学がある。M&Aや資本施策においてもこれらの経営哲学を最大限に活かし、新しい事業領域への挑戦についても力を合わせて経営に参画していくという社風は理にかなっている。

京セラは再生型のM&Aにも取り組んでおり、譲渡企業の事業の維持や雇用の確保にも大きく貢献している。社是でもある「敬天愛人」をM&Aにも活かしていると言えよう。

文:M&A Online編集部

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。