M&A速報

京セラ<6971>、日本インター<6974>をTOBで子会社化へ

2015/07/30

京セラは、日本インターをTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。筆頭株主の産業革新機構(所有割合35.19%)と第2位の横浜銀行(25.84%)がTOBに応募する契約を締結しており、京セラは計61.02%の株式取得を目指す。日本インターは買い付け後も上場を維持する方針。

日本インターは金融危機による需要の鈍化から売り上げが急激に悪化。2010年4月に事業再生ADRを申請しており、収益体質の強化を進めてきた。産業革新機構は回復に一定のめどが立ったことから、さらなる支援先を探していた。京セラは同社を子会社化し、生産管理や販路インフラの共有や業務効率の向上を進める。

買付価格は1株あたり197円で、公表前営業日の終値182円に対し8.24%のプレミアムを見込む。買付予定数は5419万7524株で上限は設定されていない。買付予定額は106億円。買付期間は2015年7月31日から8月28日まで。決済の開始日は2015年9月4日。

関連の記事

始動直後の「UN-LIMITサービス向上」で見えた楽天の難題

始動直後の「UN-LIMITサービス向上」で見えた楽天の難題

2020/04/14

「第4のキャリア」として新規参入した楽天モバイル。その初日に同社の目玉となる低価格料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」のサービス内容を向上した。その背景には楽天モバイルが掲げる経営戦略を根幹から揺るがす「難題」がある。一体何が…。

新型コロナ、ソフトバンク出資の宇宙ベンチャーを「殺す」

新型コロナ、ソフトバンク出資の宇宙ベンチャーを「殺す」

2020/03/31

ソフトバンクグループが筆頭株主の英通信衛星スタートアップ企業のワンウェブが2020年3月27日、日本の民事再生法に当たる​「破産法第11章」に基づく会社更生手続を申請した。同社の経営破綻の背景には新型コロナウイルス感染症の拡大があった。

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

2018/02/16

日本電産は創業者の永守重信会長兼社長が社長を外れ、吉本浩之副社長が社長に昇格する人事を決めた。永守氏の強力なリーダーシップと巧みなM&A戦略で精密小型モーターの世界的企業に躍進した同社。そんなカリスマ経営者が見込んだ吉本新社長とは。

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

2018/02/16

富士通が携帯電話事業から事実上撤退する。かつて「わが世の春」を謳歌した国産携帯電話メーカーも、残るは3社だけ。スマートフォンの急成長とは裏腹に消滅しつつある国産メーカー。「最後の希望」は端末メーカーではなく、通信キャリアのソフトバンクだ。

2017年の機械業界M&A 重工業分野で大きな動き

2017年の機械業界M&A 重工業分野で大きな動き

2017/12/27

2017年の機械業界では重工業分野で大きな動きが見られた。

【京セラ】京セラのM&A戦略とアメーバ経営

【京セラ】京セラのM&A戦略とアメーバ経営

2017/09/25

京セラ株式会社<6971>は、鹿児島県出身の稲盛和夫氏(現名誉会長)がファインセラミックス製造業として、京都の地に「京都セラミック株式会社」として設立したのが起源である。稲盛氏は経営管理手法「アメーバ経営」を広め、JALの経営再建についても手腕を発揮した。今回は同社のM&A戦略を含めた成長戦略について検証する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5