旧村上ファンド系「シティ」が動きを加速、アークランズを標的に加える

alt
アークランズが展開するホームセンター「ムサシ」(埼玉県内の大型店舗)

旧村上ファンド系投資会社のシティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)による大量保有報告書(5%ルール)の提出が活発だ。シティの提出件数は今年に入って累計51件(10月19日時点)に上るが、その半数以上にあたる26件が8月以降に集中している。10月初めにはホームセンター大手、アークランズ<9842>の5%超の新規保有が判明した。

8月に5%超の新規保有が分かったベンチャーキャピタル(VC)最大手、ジャフコグループ<8595>を巡っては買い増しを進めた結果、シティの保有比率は16.71%まで高まっている。

アークランズ株、買い増しに出るのか

シティインデックスイレブンスの大量保有報告書(変更報告書を含む)提出状況をみると、1月1件、2月と3月各2件、4月11件、5~7月各3件で推移し、8月に11件に跳ね上がった。9月8件、10月もここまで7件と高水準を保っている。

アークランズ株式の5%を超える新規保有は10月4日、シティが提出した大量保有報告書で明らかになった。保有比率は5.06%(共同保有分を含む)。

アークランズはアークランドサカモトが子会社のビバホームを合併して今年9月に新社名でスタートした。ビバホームは元々、住宅・建材大手LIXILの傘下企業で、アークランドサカモトが2020年に約1085億円で買収した。

そのアークランズは、とんかつ専門店「かつ家」を展開するアークランドサービスホールディングス<3085>を上場子会社として抱える。

シティが今年に入って新規保有した銘柄は今回のアークランズをはじめ、ジャフコ、ホシデン<6804>、住友大阪セメント<5232>、クレディセゾン<8253>、コスモエネルギーホールディングス<5021>、日清紡ホールディングス<3105>の7銘柄。

これらのうち、新規保有後に買い増しを進めたのがジャフコ、ホシデン、コスモの3銘柄。直近の大量保有報告書によると、シティの保有比率はジャフコ16.71%、ホシデン7.07%、コスモ16.35%に高まっている。

シティはコスモエネルギーホールディングス株式をすでに16%超保有する(写真は都内で)

一方、住友大阪セメント、クレディセゾン、日清紡についてはいったん5%超を新規保有したものの、現在の保有比率は4%前後に低下している。

こうした中、シティが今後、アークランズ株式をどこまで買い増すのか、出方がマーケットの注目を集めている。

セントラル硝子、500億円の自社株買いへ

シティの保有比率が10%を超える銘柄はジャフコ、コスモのほか、東亜建設工業<1885>(11.36%)、中国塗料<4617>(13.51%)、セントラル硝子<4044>(28.05%)。

このうち、セントラル硝子は9月下旬、最大500億円の自社株買いを行い、シティなど旧村上系が保有する約30%(全株式)を買い取ることを発表した。旧村上系は巨額の売却益を手にする運びだ。

シティはジャフコに対しても500億円規模の自社株買いを要請している。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

旧村上ファンドに狙われた日本最大のベンチャーキャピタル・ジャフコとは

旧村上ファンドに狙われた日本最大のベンチャーキャピタル・ジャフコとは

2022-09-11

2022年8月15日、日本最大のベンチャーキャピタルであるジャフコが、旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが急速に株式を買い進めており、51%まで保有比率を高める可能性があることを示唆されていると公表しました。ジャフコは警戒しています。

関連のM&A速報