日清紡ホールディングスは子会社の日清紡ブレーキが手がける自動車用ドラムブレーキやホイールシリンダー事業(売上高149億円、営業利益4億円、純資産121億円)を、アイシン精機傘下の豊生ブレーキ工業(愛知県豊田市)に譲渡することを決議した。

日清紡HDは日清紡ブレーキが新たに設立する完全子会社に同事業を承継させたうえで、同新会社の全株式を豊生ブレーキ工業に譲渡する。

日清紡ブレーキは、対象事業で競争力を維持するためには大規模な設備・開発投資が必要になると判断。自動車用部品の製造・販売を主力とし、ドラムブレーキの生産高が世界トップを誇る豊生ブレーキ工業に譲渡することにした。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2018年2月28日。