旧村上ファンドの記事一覧

『アクティビストの衝撃』|編集部おすすめの1冊

『アクティビストの衝撃』|編集部おすすめの1冊

今、日本は第3次アクティビスト(物言う株主)ブームの中にあるという。経営改善や株主還元に向けた株主提案が活発化している。知っているようで知らないアクティビストの実態と行動パターン、そして企業の反応を豊富な実例を交えて明らかにした一冊。

記事を読む
新たな買収防衛策を考える-東芝機械の件を契機として-

新たな買収防衛策を考える-東芝機械の件を契機として-

東芝機械が旧村上ファンド系の会社から買付提案を受け、昨年6月に廃止した事前警告型買収防衛策をあらためて復活させたことが話題となっている。買収防衛指針が公表された2005年当時と比べ、コーポレートガバナンスの実務は格段に進化している。

記事を読む
旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

旧村上ファンド系が東証1部のエクセル<7591>を加賀電子に売却したカラクリ

加賀電子が同業のエレクトロニクス商社で東証1部上場のエクセルと2020年4月1日に経営統合する。プレスリリースによると、そのスキームは通常のTOBではないとのこと。取引スキームの背景と譲渡価額が適正なのかを検証してみたい。

記事を読む
旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB|買収防衛策で対抗へ

旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB|買収防衛策で対抗へ

新たな敵対的TOBが持ち上がった。​旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが21日、東芝機械に対してTOBを実施すると発表した。最大259億円を投じて東芝機械株の43.82%の取得を目指す。東芝機械は買収防衛策で対抗する方針だ。

記事を読む
レオパレス株、旧村上ファンド系「レノ」が瞬く間に10%超保有

レオパレス株、旧村上ファンド系「レノ」が瞬く間に10%超保有

旧村上ファンド系企業のレノがレオパレス21の株式を連日で買い増し、保有比率が10.32%に達した。レノが同社株を新規取得したことは14日に判明したばかり。その時点の保有比率は6.24%で、一気呵成に買い進んでいることが浮き彫りになった。

記事を読む
「レオパレス株」大量取得、旧村上ファンド系のレノが“参戦”

「レオパレス株」大量取得、旧村上ファンド系のレノが“参戦”

施工不良問題で揺れるレパオレス21の株式について、旧村上ファンドの関係企業であるレノが6.24%を新規取得した。レオパレスは686億円の最終赤字に陥り、経営の先行きが危ぶまれる。「モノ言う株主」の登場は再建の道筋にも影響を与えそうだ。

記事を読む
廣済堂、対抗TOBに「中立」を表明

廣済堂、対抗TOBに「中立」を表明

中堅印刷会社の廣済堂は25日、旧村上ファンド系企業が同社に対して実施中のTOBについて、「中立」の立場をとるとの意見を表明した。これまでの「留保」から一歩踏み込んだ形だが、「積極的に反対意見を表明するほどの理由も見出し難い」としている。

記事を読む
廣済堂TOB、不成立に終わる

廣済堂TOB、不成立に終わる

​中堅印刷会社の廣済堂(東証1部)は9日、同社に対して米投資ファンドのベインキャピタルが前日まで実施したTOBが予定数まで株式が集まらず、不成立に終わったと発表した。TOBへの応募株式数は目標の半分以下にとどまった。

記事を読む
廣済堂TOB終了、残るは「対抗TOB」の行方

廣済堂TOB終了、残るは「対抗TOB」の行方

中堅印刷会社、廣済堂へのTOBが4月8日に終了したが、不成立が確実視される。旧村上ファンド系企業による対抗TOBの行方次第だが、廣済堂陣営としては一定の時間を置いたうえで、再TOBに望みを託す選択肢を検討することになりそうだ。

記事を読む
旧村上ファンド系の​レノが廣済堂のMBOを阻止する理由とは?

旧村上ファンド系の​レノが廣済堂のMBOを阻止する理由とは?

米投資ファンド、ベインキャピタルが中堅印刷業の廣済堂にTOBを開始した。廣済堂株価はここへきて大幅上昇し、TOB不成立の可能性が浮上してきた。同じ頃、旧村上ファンド系の投資会社レノが廣済堂株式にかかる大量保有報告書を提出したのだが…。

記事を読む
東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

東芝が紆余曲折の果てに半導体子会社を売却して3カ月が過ぎた。「虎の子」と呼ばれた東芝メモリを売却せざるを得なくなったのが、原子力事業を手がけていた子会社の米ウェスチングハウスの経営破綻に伴う巨額の損失だった。その会計処理には問題が多かった。

記事を読む
「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

「東栄リーファーライン」TOBが仕切り直し…旧「村上ファンド」勢も今度は賛同

マグロ運搬船を運航する東栄リーファーラインをめぐるTOBが仕切り直しとなった。現経営者によるMBOだが、前回は株式が集まらず、TOBは不発に。それからひと月。買付価格を1株800円と約3割引き上げての再トライ。気になる旧「村上ファンド」勢の動きは?

記事を読む