【ダイジェスト】セールスフォース、フレクトと資本業務提携 本日の気になる大量保有報告書12/17

alt

2021年12月17日に提出された大量保有報告書のうち、注目銘柄をピックアップしました。投資にお役立てください。

■今日のトピックス

セールスフォース・ドットコム、フレクトを新規取得(→ 7.22%)

シティインデックスイレブンス、新生銀行を 9.16%保有減(→ 0.00%)

ベイリー・ギフォード、gumiを 1.23%保有減(→10.60%)

シルチェスター・インターナショナル、住友ゴム工業を新規取得(→ 5.05%)

アセット・バリュー、NCホールディングスを 1.07%保有増(→ 7.14%)

■注目銘柄はこちら

セールスフォース・ドットコムが、フレクト<4414>の株式を新規取得した。保有割合は 7.22%。提出理由は「資本業務提携に関する合意に基づく株式の保有」によるもの。

フレクトはセールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、CRM(顧客管理)システムの開発を得意としている。

フレクトの大量保有速報(一覧)はこちら

大量保有報告書(原本)をみる

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

米ズーム最大の買収計画が頓挫、ファイブ9株主が否決

米ズーム最大の買収計画が頓挫、ファイブ9株主が否決

2021/10/04

9月30日、クラウドベースのコールセンターを運営する米ファイブ9の株主はの米ズームへの147億ドルの売却案を否決し、ズームにとって過去最大の買収計画は実現しなくなった。